SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Monsters

アメリカでは今牧師がセックススキャンダルでマスコミを賑わせている。その渦中の牧師エディ・ロングは元々メガチャーチと呼ばれる大きな教会を持っており、その教会の様子はテレビでも放映される程の人気。ヒップホップファンにはリュダクリスのアルバム「Release Therapy」で彼の説教を聞いた事があるかもしれない。またマーティン・ルーサー・キング牧師の家族に選ばれて、妻のコレッタ・スコット=キングの葬儀の牧師も務めた。非常に名前の知られた牧師である。

その牧師が3人(現在は4人)の教会メンバーの男性から性を強要されたと訴えられている。

残念ながらこういう話は多い。宗派関係なくある事。

今回はエディ・ロングが有名人だった為に色々なところに飛び火している。CNNの人気アンカーであるドン・レモンが、エディ・ロングの教会に通う若者達へのインタビュー中に「私もペドフィリア(小児愛症)の犠牲者である」と発言したのだ。彼は30歳になるまで母親に告白する事すら出来なかったと語った。

彼は後にツイッターで「なんで生本番中にあのような事を言ってしまったか分からないが、思わず出てしまったんだ。残念ながら多くの若者にとって真実なのです」と語った。
そしてコメディアンのリッキー・スマイリーも犠牲者だった事をテレビで告白した。

また最近では「アーノルドは世界一」のTodd Bridges (トッド・ブリッジス)が自叙伝を書き、幼い頃にマネージャーにいたずらされた事を告白している。人気劇作家のタイラー・ペリーも小さい頃に女性と男性の両方から性的虐待を受けたと言われている。祖母の営む売春宿で育ったコメディアンのリチャード・プライヤーも幼い頃に性的虐待に何度も遭っているといわれているし、その恋人だったパム・グリアも自伝でレイプに遭った事を告白している。あの大成功を収めているオプラ・ウィンフリー性的虐待を受けた被害者である。

多くの映画にも描写されている。「Eve's Bayou / プレイヤー/死の祈り (1997)」や「Antwone Fisher / 君の帰る場所/アントワン・フィッシャー (2003)」という作品が有名。最近なら実際にあった話ではないが、自分の親に性的虐待され妊娠し出産という衝撃的だった「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」という映画が記憶に新しい。この映画でアカデミー賞を受賞したモニークもまた兄からの性的虐待を受けていた被害者である。

と、とにかくこの手の話は多い。それだけに衝撃的なニュースだった事と思う。

今回のエディ・ロングは事実を否定しており、聖職を辞めないと発言している。