SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

BET Awards 2010

普段はすっかりBETを見なくなりましたが...BETアワードだけは見逃せない。というか、今回はプリンスがライフタイムアチーブメント賞を取るという事で見逃せなかった。このアワードも10周年。今やオスカー女優となってしまったモニークが司会で、ビヨンセのダンスをしていた頃が懐かしい... そう言えば、デーモン・ウェイアンズ爺さんも司会していた事もあったっけ... 年々大きくなっていくアワードショーも珍しい。今回はクイーン・ラティファが司会。彼女もオスカー女優になりました。でも今回、ラティファがやってくれましたねー。今までの中でも面白いショーが見れました。冒頭からなぜかスクリーンにはウェイアンズ兄弟の面々の写真が... なんでだ!と思っていたら、最後の最後にその謎が解けた。なんとウェイアンズ王朝のセカンドジェネレーションで「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」にも俳優として出演していたクレイグ・ウェイアンズ君がプロデュースで参加。おぉ、成長したー(感涙)。

冒頭からクイーン・ラティファが昔にタイムスリップ。

「Ladies First」の頃を思い出すラップを披露。つい最近、またヒップホップアルバムを出したラティファだけど、アルバム持ってないし、あんまりミュージックビデオも見てないので、何だか久々なヒップホップのラティファな感じ。

いきなりKanye Westが久々に登場してパフォーマンスをしていたけれど、やっぱりクリス・ブラウンのマイケル・ジャクソンのトリビュートパフォーマンスが全てでしたね。

多分すぐに消されるので、観るなら今のうち。素晴らしいです。マイケルのトリビュートに相応しい。マイケルを尊敬しながらも、自分らしい新しさもある。最後の「Man in the Mirror」を歌う予定だったけれど、号泣で全く歌えず。意地悪な人は「フェイクだ」とか書いてる人も居ましたが、あれがフェイクだったとしても、色んな意味で凄いパフォーマーじゃないでしょうか?後で、別のティーンの人気投票で賞を獲得したクリス・ブラウン。スピーチでは「もう絶対にあのような事は繰り返さない」と言ってました。確かに暴力は悪い事です。それを肯定するつもりは全くありませんが、ここ1年ずっとマスコミやブログで殺され続けてきたクリス・ブラウンでしたが、このようにエンターテイナーに相応しくステージで償いを出来るなんて真のエンタテイナーだと思いました。セカンドチャンス到来ですね。

セカンドチャンスと言えば... 突如、説明も紹介も無くステージに上がったのが、エル・デバージ。昔のヒット曲メドレーを歌い、30歳以上の女性が熱くなってました。でもうちのおっさーーん1号も女優のタラジ・P・ヘンソンも「チコ・デバージ」と間違ってましたけど... 私はウェイアンズ家族は声だけでも「利きウェイアンズ」が出来るのですがデバージの所は無理。でも、チコはツル禿げだった気が...と思いながらも自信が無かったので黙ってました。おほほ。

終わった後も彼の話題でもちきりでした。ショー後の番組がPディディとタラジ・P・ヘンソンが司会の「アフター・パーティ」だったのですが、そこでディディはデバージに「俺のファーストキスは貴方のアルバムを掛けながらだった。何か本人にありがとうというのも変な感じだけど...でもいい思い出をありがとう。」と言ってました。でも映像見ると、若い子達はデバージの演奏中にぽかーんとしてますね。あはは。

毎年BETアワード恒例の映画のリユニオンは「Love Jones / ラブ・ジョーンズ (1997)」のニア・ロングとラレンズ・テイトでした。ニアが舞台に一人で上がって、ポエムを読んでいると、テイトが客席から登場。凄いいいムード。写真ではキスしているように見えますが、実際には寸止め。きぃーー!

プレゼンターで登場した俳優のアンソニー・アンダーソンが「今年はライトスキンの年だね」とジョークを言ってましたが、本当にライトスキンの年でした。クリス・ブラウンもエル・デバージもライトスキン。授賞したドレイクもミックスだからライトスキン。そしてライフアチーブメントを授賞したプリンスもライトスキン。「アフター・パーティ」ではPディディがタイリースに「お前はダークだし声は低いし、デバージとは間逆だったな。でも良かったよ」とぶっちゃけた感じだけどほのぼのした雰囲気でした。

そのタイリースのテディ・ペンダーグラスのトリビュートも良かった。歌えるね。演出だろうけど、前で見ていた若い女の子達が下着を差し出すシーンもあり。

で、中々プリンスが出てこないので飽きかけていた頃、トレイ・ソングスが登場。私この番組を見ている間、おっさーーん1号に「トレイ・ソングス嫌い」を10回言ったそうです。可愛いだけでライブで歌えない歌手は嫌いなんです。と、おっさーーん1号に言っていたら、本当に歌えず... 最後にはプリンスのパープル・レインを歌いやがった!下手〜!歌うなー!私の意見におっさーん1号も納得。口の悪いBossipも同じ事書いてる。書いてるだけじゃなくて、映像も載せているのでどーぞ。プリンス自身も微妙な表情だし。

ライブで歌えないといえば、ニッキー・ミナージ、残念!!なんで全部口パクなの??結構好きで注目してたけど、今回はがっかり。でもスピーチは良かった。

そんな中、本物だと思わせてくれたのが、パティ・ラベル。トレイ・ソングスと同じ「パープル・レイン」を披露。これにはプリンス本人も喜んでいた。パティが途中でヒールを脱いで飛ばしてしまうのだけど、運命的にプリンスがそれをキャッチ。

妊娠中のアリシア・キーズも自身のパフォーマンスとプリンスのトリビュートのパフォーマンスで2度登場。ショートのドレスは前が上がりすぎていて見えそうでドキドキ、そして高いヒールにドキドキ、そしてピアノの上に上がってしまいドキドキ... こっちがドキドキハラハラでした。お願いです産休してください!顔も変わったし、男の子かな?

今回残念な点があるとしたら、プリンス自身がパフォーマンスしなかった事でしょうか...

写真はTumblrにて