SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Valentine's Day / バレンタインデー (2010) 674本目

この次675本目の作品までのやっつけ仕事になってしまうかと思いますが... ゲイリー・マーシャルと聞くと「プリティ・ウーマン」よりも「恋のじゃま者」が大好きです。トム・ハンクスとジャッキー・グリーソンとのやりとりが最高。昔キムタクがこの「恋のじゃま者」の留守電のイタズラをドラマか何かで真似してたっけ。今の演技派トム・ハンクスよりも80年代のロマコメのトム・ハンクスの方が断然に好き!と誰も興味のないカミングアウトをした所で...

こんなに沢山大勢のスター俳優が出ている中で...明らかにアシュトン・カッチャーのプロモーションビデオでしょ??って位、彼一人がカッコいい。まあ、こういう役が似合うんでしょうね。デミ・ムーアだけのものというのは勿体ない気がする。デミ・ムーアエミリオ・エステベスと付き合っていた頃が一番好きかな。2人で作った「ウィズダム」という映画は中々だったし。ジェニファー・ガーナーも今まで綺麗とか可愛いとか思った事がなかったけれど、この映画では魅力的。アン・ハサウェイは一般的には優等生のイメージが強いですが、昔テレビで偶然に「裸の天使(Havoc)」という作品を見ているので、こんなの序の口。前みたいにもっと脱げーと思う(笑)この人は昔からの正統派美女って感じがしますね。そのお相手の男性役の人は初めて見ました(多分)。彼がメールルームで同僚に「インディアナ(その彼の出身)州は、バレンタインよりもカズン(いとこ)デーを盛大に祝うもんな」という台詞に、館内はドッと沸いたのですが、私にはイマイチ意味が分からず... インディアナ州はいとこと何かあるんでしょうか??それとも田舎だからという事??パッと理解できずに笑えませんでした。アメリカ人でも分からない人がいたみたい。逆に日本語字幕はどう訳されていたんだろう??

でもポリティカルエラーの多い映画ですよね。ロマコメだからいいんだけど。まず、ジュリア・ロバーツが演じたミリタリーの人が制服で飛行機乗るのはありえないでしょ?テロに一番に狙われてしまうので、ダメだと言われている筈。なるべく飛行機(民間機)では、ミリタリー色を出しちゃいけないのに。あと、ロサンジェルスプロフットボール選手も余り居ないですわよね。シーズン中ならなお更。ロサンジェルスにはプロのフットボールチーム無いし... と細かい事でちょっとアレレ?と思い始めると、イラつくのよね。ジョージ・ロペスはなんでルーミーの本を読んでいるのかもイマイチ分からず。ま、ロマコメなのでそんなに肩肘張らなくていいのよね。この映画のテイラー・スウィフトが演じた子みたいに何も考えずに楽しめばいいのよ、きっと(Kanye Westじゃないけど、さすがの私もマイク奪いたくなった)。

沢山出ている割には、結局アシュトン・カッチャーの役が膨らまされているので、それ以外の部分は魅力的に感じなかった。ジェイミー・フォックスのなんて、すぐに分かってしまうし... それでもサプライズ的な部分もあったけれど、それだけだったかな??

ちなみにアシュトン・カッチャーの役が住んでいたアパート?家?がやたらと魅力的でしたが、あれはベニスにあるそうです。この辺じゃないかと... だからこの辺はベニスと呼ばれているのかも??

ま、あれですね。この映画に出てくる出演者目当てでラブコメを選ぶとしたら、この映画をわざわざ選ばなくても...って感じです。アシュトン・カッチャーのファン以外はね。ジュリア・ロバーツなら、「サティスファクション」が好きだし、パトリック・デンプシーなら「キャント・バイ・ミー・ラブ」だし、ジェイミー・フォックスなら「Breakin' All the Rules / 恋のトリセツ ~別れ編~ (2004)」とか「Held Up / 砂漠でホールド・アップ! (1999)」だろうし、クイーン・ラティファなら「Last Holiday / ラスト・ホリデイ (2006)」かな??

感想やあらすじはこちら

(3点/5点満点中:劇場にて鑑賞)