SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sheba, Baby / 日本未公開 (1975)

Cast >> Pam Grier (Sheba Shayne), Austin Stoker (Brick Williams), D'Urville Martin (Pilot), Rudy Challenger (Andy Shayne) ...
Director >> William Girdler
Writer >> William Girdler, David Sheldon
Producer >> David Sheldon

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Pam Grier, Baby
シェイン(ルディ・チャレンジャー)はローン会社を経営していたが、とある人物から執拗な脅しを受けていた。ある日、遅くまで働いていたシェインが会社内で暴行を受けた。シェインの元で働いているブリック(オースティン・ストーカー)が、シェインの娘でシカゴで私立探偵として成功しているシーバ(パム・グリア)にその旨を電報で知らせた。シーバは父の仇のために故郷のケンタッキーのルイビルに戻ってきた...

パム・グリアを有名にさせたアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(通称AIP)との最後の契約となる作品。監督は「Abby / アビィ (1974)」等のインディペンデントB級作品を作っていたウィリアム・ガードラーパム・グリアはAIPを離れてこの後は作品が減り、80年代に入ると下火になる。そのパム・グリアがAIPの最後に光っている。撮影中の監督とパム・グリアの相性は悪かったとの噂だが、パム・グリアの衣装や台詞がいい。パム・グリアの他の作品とはちょっと違って、とっても大人でしかも最初から最後まで強い。男に屈しない最後のシーンはカッコ良すぎる。でも物語はあくまでも普通。パム・グリアの十八番である仇もの。アクションも単調だが、最後のジェットスキーでのチェイスはまだ珍しかった頃だと思う。でもウェットスーツ姿よりもパムの水着姿が見たかったかも。監督らしい飛びぬけた奇妙さもなかった。

普通に見れてしまうパム・グリア作品。飛びぬけた物はない。けれどそれもまたパム・グリア映画なのかもと思う。


(2/28/09:DVDにて鑑賞)