SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Diary of a Tired Black Man / 日本未公開 (2008) 114本目

タイトルはそのままタイラー・ペリーの「Diary of a Mad Black Woman / 日本未公開 (2005)」のアンサーソングならぬ、アンサータイトル。怒れる黒人女性への愛のあるメッセージ映画...かな?半分再現ドラマで、半分が一般人へのインタビュー。もちろん「Diary of a Mad Black Woman / 日本未公開 (2005)」の場合は、結婚した男がサイテーなので、女が怒って当然。でもこの映画の場合は男は真面目に結婚生活を送っているけれど、なぜか妻が怒ってる。男は生活能力もあるし、浮気もしないのに怒ってる。なので男性は疲れちゃっている訳です。

この映画を見ていて思い出したのがプリンスの「When Doves Cry」です。「お前は母さんみたいに絶対に満足できないんだ」というアレ。黒人女性に限らず、望み過ぎる人は満足が出来ません。かと言ってあまり望まない人も如何なものかと思う。この映画では、やっぱり黒人男性が多く関わる女性は黒人女性なのです。でも友人とかに白人と付き合ってみろとか、アジア系の女性はいいぞというアドバイスを受けてデートしてみますが、あんまり変わらず。まあ、ここまで来るとこの男性の女性のチョイスが著しく悪いのもあるんじゃないか?とも思っちゃいました。たまに居ますよね。自分の事を棚に上げて、女(男)運の無さを嘆いている人達。でもこの映画の中で主人公の男性も少し成長していたのが良いですね。恋愛はお互い様です。運じゃなくって、自分のチョイス力もあると思うんです。どーしようもない人しか選べない人も、どーしようもなかったりしませんか?後はタイミングもですね。

後はアメリカの様々な都市に出掛けて、一般人にインタビューをしています。これが中々面白かった。生の声ですね。ただ一方的な意見ばかりだったので、相手から聞けばまた違った話が聞けるんでしょうね。笑ったのが、一番最後にエンドロールの部分で出てくるアイス食べているオバちゃん。そのアイス食べてる姿が滑稽でした。居るんですよね。一般人の多くの意見が「これは黒人の問題じゃなくって、個人の問題さ」と言っている人が多いのが興味深かったですね。そうやって分かってる人達は、なんだか幸せそうでしたわ。アトランタだったかな?女性が2人インタビューを受けていたのだけど、一人は物凄く落ち着いていて個人個人の事よって話していた女性には彼氏がちゃんと居て、もう一人は興奮気味に「私が付き合ってきた男はみんなどうしようもない。男は私をちゃんと扱えないのよ」と言っていた人には彼氏が居ないそうです。そういう事です。

とっても変わった形式のドキュメンタリーですが、率直で面白かった。最近のインディペンデンスは個性的で本当に面白い。この主人公の男性がアメリカ人男性じゃなくって、カリビアンからの移民なのも面白いですね。そういえば、「John Q / ジョンQ -最後の決断- (2002)」とかに出ていたトロイ・ウィンブッシュが少し出ていてビックリ。監督も映画監督じゃなくって、ファッション系のカメラマンをしているそう。写真の一番左。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)