SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

African American Lives

やっと見れた。
今回は「2」を先に見ているので、大体の予測がついているのであまり泣かずに済んだ。

でも... クリス・タッカーが先祖の国であるアンゴラに訪れて、司会者のヘンリー・ルイス・ゲイツと共に奴隷貿易が行われた場所で海を見つめながら「(長い航路に食べ物も与えられずに酷い仕打ちを受けた)我々の祖先はみな強かったんだ」というシーンで、嗚咽。昼間っから、隣の家に届く勢いで泣いた。

という訳で、「1」はオプラ・ウィンフィリーにクリス・タッカークインシー・ジョーンズウーピー・ゴールドバーグ、TDジェイクス(映画「Woman Thou Art Loosed / 日本未公開 (2004)」で御なじみの牧師)、ベン・カーター(有名な医師)、メエ・ジャミソン(黒人女性初の宇宙飛行士)、サラ・ローレンス=ライトフット(学者)の人々のルーツです。

今回も本を10冊読んだ位の内容の深さと面白さ。今回面白かったのが、オプラ・ウィンフリーには東アジア人の血が8%流れているという事。オプラが我々のシスターだったとは。メエ・ジャミソンは10%以上のアジア人の血が流れている事も分かった。なんでも奴隷時代の南部には多くの中国人労働者も居たらしい。その関係で、血が混ざっているらしいのだ。

また司会者のゲイツの祖先には、奴隷じゃない自由黒人が居る。その彼らも自由でありながら、とても大変な思いをしたらしく、いきなり誘拐されて奴隷にされたりする事もあったらしい。そこでゲイツの祖先は法廷で戦った。何とか自由黒人である事を証明して難を逃れた。でも誘拐された後の何年間は奴隷扱いされたらしいけれど。

ゲイツは50%ヨーロピアンの血が流れている。でも彼はアフリカン・アメリカン学の最高峰ともいえるハーバード大のWEBドゥボイス研究所所長。アイリッシュのキングの血を引き、アフリカのヨロバの血を引いている。本人は笑って「WEBドゥボイス研究所の所長が、たった50%のアフリカの血しかないなんて」と笑っていたけれど、血とか人種って何??このシリーズは本当に深い所に行き、考えされられる。