SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Jim Brown All American / 日本未公開 (2002)

Cast >> Jim Brown ....

Director >> Spike Lee

総合ポイント >> 4/5点満点

Contents >> 4 Performance >> X Direct >> 4 Music >> 4

Jim Brown: All American [DVD] [Import]
A Man, Jim Brown
プロフットボールNFLの頂点であるスーパーボウルを制し選手としてトップに立ち、70年代のブラックムービーのブラックスプロイテーションのヒーローとして、幾つもの作品にコンスタントに出演し活躍したジム・ブラウンの生い立ちから現在までのドキュメンタリーを、スパイク・リーが監督した。

ジム・ブラウンのNFLの現役時代は、私の年齢だとオンタイムでは見てない。70年代のブラックプロイテーション時代も、テレビ東京のお昼で見た事があったと思うが、あまり覚えていない。それでも、「ジム・ブラウン」という名前は知っていた。ジム・ブラウンの事は、ブラックムービーを好きになる前は、詳しく知らなかったけれど、「強いんだろうな...」とずっと思っていた。その位、彼の男の部分が印象深かったんだと思う。
スパイク・リーは、そのブラウンの男の部分を中心に見せてくれている。フットボールだけじゃないスポーツ万能のブラウン、映画俳優としてのブラウンの役割、父親としてのブラウン、夫としてのブラウン。彼の偉業と共に、ブラウンの影の部分も見え隠れする。人間的な所も見えて、いいバランスで人間「ジム・ブラウン」が見られる。ただ、作品を見た後は、これからどう「ジム・ブラウン」を見ていけばいいのか...という混乱が多少生まれた。
70歳になるジム・ブラウン、未だ衰えぬ愛すべき減らず口で、答えを出してくれそうだ。

(4/12/06:DVDにて観賞)