SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Crossroads / クロスロード (1986)

Cast >> Ralph Macchio (Eugene Martone), Joe Seneca (Willie Brown), Jami Gertz (Frances), Joe Morton (Scratch's Assistant), Robert Judd (Scratch), Steve Vai (Jack Butler), Tim Russ (Robert Johnson) ....

Director >> Walter Hill
Writer >> John Fusco
Producer >> Mark Carliner

総合ポイント >> 4点/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 3 Direct >> 5 Music >> 4

悪魔の証明

ブルースのギタリストに憧れ、ジュリアード大に通うユージーン(ラルフ・マッチオ)は、ブルースの伝説ロバート・ジョンソンの幻の曲がある事を知る。その曲を手に入れて、自分がデビューする事を願い、ジョンソンを知る有名なブルースミュージシャンのウィリー・ブラウン(ジョー・セネカ)を見つけた。2人は、幻の曲を求めて旅を始める。

ブルースのロバート・ジョンソンという人物がブルースにとってどんな人物かは知っているけれど、ブルースの映画を作れる位は詳しくない。それでも、冒頭のロバート・ジョンソンを演じる俳優が出てくると胸躍る。何かいい映画になりそうな気がしてくる。そして悪魔の存在。「The Blues:Warming by Devil's Fire」でも、ブルースにおける悪魔の存在を見た。これもまた、面白くなりそうな予感がしてくる。
実際は、ラルフ・マッチオ演じるユージーンの真面目な姿にイライラしながらも、ジョー・セネカ演じるウィリー・ブラウンの台詞にじーんとなる。
最後は、スティーブ・ヴァイ演じるジャック・バトラーとのギター対決。無茶苦茶過ぎると思いつつも、面白がってる自分がいる。

悪魔の証明のように有り得ない設定だけれど、事実ロバート・ジョンソンとウィリー・ブラウンが実在する辺り、ファンタジーに満ちていて、胸が躍る面白い作品だ。