SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

For Queen & Country / 女王と祖国のために (1988)

Cast >> Denzel Washington (Reuben James), Dorian Healy (Tony aka Fish), Sean Chapman (Bob Harper), Bruce Payne (Colin) ...
Director >> Martin Stellman
Writer >> Martin Stellman, Trix Worrell
Producer >> Tim Bevan
Genre >> Action
Country >> UK

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

"What do you got to show for it?"
ルーベン(デンセル・ワシントン)はセントルシア生まれだが、4歳の頃からイギリスのロンドンで育った。イギリス軍のパラシュート部隊にて、フォークランド紛争でも勇敢に女王と国のために戦った。軍ではフィッシュ(ドリアン・ヒーリー)が足を失ったが、ルーベンの一番の友人となった。6年後、ロンドンに戻るルーベン。しかし町は変わり果てていた。犯罪と麻薬が蔓延り、警官と市民が対立し、失業者が多かった。ルーベンも仕事を探すが中々見つける事は出来なかった。麻薬売人の知り合いコリン(ブルース・ペイン)がルーベンを相棒にしようとしていたが、断っていた。そして昔からの友人リンフォード(ジェフ・フランシス)が警官とイザコザになり、ルーベンは口あわせするが...

今は主演が当たり前であるデンゼル・ワシントンの劇場公開長編で初の主演作品となった思い出の作品。なんとイギリス映画である。しかもイギリスのロンドン出身の男を演じているので、イギリス訛りのデンゼル・ワシントンが楽しめるという作品。まあそのイギリス訛りは途中途中で無くなったりするし、無理感が漂ってはいるが... しかしそんな事よりも、内容がとてもシリアスでデンゼルらしい真面目さと社会派の両方がたっぷりと詰まった硬派な作品だ。色々あるので追うのはちょっと大変だけれども、ルーベンが追い詰められていく様がよく分かるのだ。そのルーベンの悲哀がとても切ない。

哀しみも憎しみも連鎖していく、そして悲劇が生まれる。若いデンゼル・ワシントンの熱量が余計に観客を切なくさせるのだ。

(8/29/14:DVDにて鑑賞)