SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Night James Brown Saved Boston / 日本未公開 (2008) (TV)

Cast >> James Brown, Dennis Haysbert (Narrator), Bobby Byrd, James Byrd, Fred Wesley ...
Director >> David Leaf
Writer >> Morgan Neville
Producer >> Eric Kulberg, David Leaf, Morgan Neville, Jeff Olde, Shelly Tatro , Arlene Wszalek
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"I Got the Feelin'"
1968年4月4日、テネシー州メンフィスにて公民権運動家で牧師のマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺された。ニュースが伝えられたその夜、多くの大都市では黒人による暴動が起き、ボストンでも暴動が起きていた。次の日の金曜日、ジェームス・ブラウンのコンサートがボストンのガーデンにて予定されていた。黒人を一つの場所に集めるのは暴動を悪化する危険があったので、ボストン市長は中止を考えていた。しかしジェームス・ブラウンは違った。コンサート決行に挑んだのだった...

ソウル・ブラザー・ナンバー・ワンのジェームス・ブラウンの分岐点になったと言ってもいい程の出来事がこのドキュメンタリー映画で描かれた「ジェームス・ブラウンがボストンを救った夜」である。黒人の希望であったキング牧師が銃弾で殺された事は、黒人の人々の絶望となった。行き場のない怒りを暴動という形で発散していたのだ。そのキング牧師の死の前から、黒人のコミュニティでは怒りが溜まっていたのもある。一気に怒りが爆発したのだ。ジェームス・ブラウンもそれは十分に理解していた。しかし人気絶頂の彼のコンサートを中止してしまう事が、逆に新たな暴動を生むかもしれないと考えたのが、ジェームス・ブラウン本人とボストン初の黒人市会議員のアトキンスだった。ジェームス・ブラウンは更にコンサートで暴動を止めるように伝える事も出来ると考えていたのだ。しかし、それは中々簡単にいく事ではなかった。市長やラジオDJを巻き込み短時間で凄い状況となっていた。その事を本人達が語っていく。そしえ実際にコンサート開始だけでなく、その模様をテレビ中継する事で、その夜の暴動を抑える事に成功したのだった。

しかし演奏中に観客がステージに上がりこみ、それを抑えようとする警察と押し問答になり混乱しそうになる。そんな時にジェームス・ブラウンは警察の方を止める。そして同胞に語る「待てって!俺たちは同じ黒人だ。黒人が悪くみられて恥ずかしくないのか!」と。彼等はいそいそとステージを下りて、落ち着きを取り戻した。そしてこうやって、歌手が政治的なパワーを持っていったのだった。その証拠ドキュメンタリー。

(7/31/14:DVDにて鑑賞)