SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Guru of Go / 日本未公開 (2010) (TV)

Cast >> Hank Gathers (archive), Bo Kimble, Paul Westhead, Derrick Gathers, Corey Gaines, Tom Peabody, Kareem Abdul-Jabbar, Diana Taurasi ...
Director >> Bill Couturie
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

"I have a heart the size of a lion"
ロサンジェルスレイカーズのヘッドコーチとして1980年に優勝へ導いたのにも関わらず解任されたポール・ウエストヘッド。その後紆余曲折ありながら、ロサンジェルスにある大学ロヨラ・メリーマウント(以下LMMU)のヘッドコーチに就任した。そしてやはりロサンジェルスの名門大USCに奨学金で入学したにも関わらず、紆余曲折経てLMMUにやってきたのが幼馴染でフィラデルフィアの高校を優勝に導いたコンビのボー・キンブルとハンク・ギャザーズ。殻らはウエストヘッドの下で「ラン&ガン」のシステムを叩き込まれ、頭角を現した。しかしその矢先にハンク・ギャザーズは心臓の問題があって、試合中に倒れ込んでしまう...

このハンク・ギャザーズの悲劇は、アラフォー以上のアメリカ人にはかなり衝撃的な悲劇として心に残っている。というのも、このESPNの「30 for 30」シリーズでスポーツでの悲劇が語られる度に、「いやハンク・ギャザーズの方が記憶に残っている」と言い、夫はその悲劇を語り始める。そして知りたいという興味から、このドキュメンタリーを見つけ出した。余りの衝撃に言葉にならない。確かにこれをリアルタイムでテレビで見ていたら、トラウマになるだろう。見事過ぎるアリーウープからのスラムダンクを決めた後に、コートに倒れ込んでしまう。数秒前までチームメイトとそのダンクを称えあっていたのに。そしてチームメイトが語るハンクの面影が、これまた一層に心に残ってしまう。「ハンクは6フィート7インチだったけど、コートでは6フィート11インチになれる」と、そして映像を観ると確かにコートではそんなに大きい方ではないのに、誰よりも高く大きく見えるのだった。それは人一倍の努力ゆえだった事が、チームメイトの証言で明らかになっていく。

本人がインタビューで答える。「俺のハートはライオン(大学のマスコットでもある)のサイズと一緒さ」。人一倍努力した人に起こる悲しい悲劇。悲しすぎるドキュメンタリー。

(6/18/14:DVDにて鑑賞)