SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Oldboy / オールド・ボーイ (2013) 1209本目

スパイク・リーの最新作。やっとDVDになったので観ましたよ。これもわが町の劇場にはやってこなかった系。劇場公開された時の評価が散々だった。しかも興行成績も最悪。どうしたんだ?スパイク・リー!という訳で、半信半疑で観ましたよ。あれれ?面白いじゃーないですか!なんで?どうして??そういえば、韓国版の方は「アジア映画の最高傑作!」とか言われている程に評判が良い。なんでこんな評判が分かれるの??と、急いで韓国版を取り寄せ観ましたよ。なるほど...

ジョージョシュ・ブローリン)はアル中だが、いつも通りに出勤(酒を飲みつつ)。しかも会社には怒り狂った妻からの電話。「娘の誕生日なのに!!」と、かなりカンカン。ジョーはうるせーよ!とやり返す。しかも夜には大事な顧客との食事。顧客は魅力的な女性を連れてきた。その女性を誘うジョー。それを見て怒る顧客。ジョーは最低ーーな男である。しかも大事な顧客を逃したので自棄酒。最後に子供からの親友であるチャッキーのバーに寄るも、「酒を飲んだお前は入れないよ!」と門前払い。しかし、その次の瞬間、ジョーは連れ去られてしまう。気がついた時にはホテルのような一室に居た。そしてそこから出られない事を知るジョー。しばらくして、ジョーはその一室にあるテレビから、自分が妻殺しの容疑者となっている事を知る。月日は流れ、あれから20年経っていた。気がつくとジョーは大きなカバンの中に居た。そこから出て女性を追いかけると、トラックで回る移動病院に勤める若い女性メアリー(エリザベス・オルセン)に出会ったのだった...

オリジナルのコミックでは主人公が10年間監禁されていて、その後に制作された韓国版映画では15年、こちらは20年と監禁時間が5年ずつ延びている。それゆえに、設定も若干違う。韓国版では割りと幼さが残る可愛い女優が主人公と出会う女性役。こちらは割りと成人女性(フルハウスの面影ゼロ)。さすがにアメリカ版では18歳の女性と...という訳にはいかなかったのでしょう。韓国版ではオリジナルから5年延びているので、それを受け継いで5年。上手くやったものです。でもオリジナルでは、とにかく暗さが際立ち、それが絶望感を生んでいたけれど、こちらはそれほど暗くない。ホテルの部屋の仕掛けがこれまたアニメチック。韓国版では皺だらけの絵画が、スパイク版ではスパイクらしい絵画になっている。でも韓国版へのオマージュも忘れておらず、食事が出てくる隙間から顔を出したりするシーンや主人公が記憶をたどる時に若い自分と今の自分が同じ空間にいたりするシーンは同じだ。そして韓国版ではムキムキの男のフィットネスを見ていた主人公だが、こちらではそれが女性に変えられていて物語に上手く絡んでいる。でも箸の使い方が違うよね。アメリカの中華ファーストフードは割り箸だからね。韓国版では割り箸じゃないので違う使い方。そして監禁されている時間が流れていくシーンでも、韓国版が韓国ニュースと大統領で描写するなら、こちらはアメリカのニュースと大統領で追っていく。そこでハリケーンカトリーナが出てくるのがスパイク流!そしてちょいちょい出てくるのがTV番組「Unresolved Mysteries of Crime」。これにそっくりなアメリカTV番組があったりする。という事で、韓国版との違いが割りと面白かったりする。上手くアメリカ映画に仕立てた感がある。でもラストは全然違う。さすがにアメリカでは23歳女性とは言え...ね?(お察しください)無理だよね。でも、韓国版ではそこが肝心要であり、あの千原ジュニアに劇似のイ・ウジンの最後の大事な台詞が無かったんだよね。こちらは復讐への復讐に徹してしまった。そして結局は家族愛が強まるのではなく、マテリアルな物を分散するのみになっちゃった。でもこちらのラストである「戻る」っていうのも嫌いじゃないかな。ただいい台詞がこの映画にはあんまり無いんだよね。

でもね、色んなスパイク節が残っているこの作品、嫌いじゃなーい!スパイクが作るべき作品じゃないのかもしれないけれど、スパイクが作るとやっぱり違う!と思わせる。トンカチ・アクションシーンとサミュエル・L・ジャクソンおじきの首シーンはいいね!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:3/14/14:DVDにて鑑賞)