SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Derek / 日本未公開 (2008) 1184本目

デレク・ジャーマンティルダ・スウィントン... わしゃ関係ないがな!って思うよね。そうだよね。でもこれ監督がアイザック・ジュリアン。「Young Soul Rebels / ヤング・ソウル・レベルズ (1991)」等で知られるイギリス出身の監督。そしてLGBT活動家。と、デレク・ジャーマンとの共通点もあるって訳です。

デレク・ジャーマンの半生を彼の作品でデビューしたティルダ・スウィントンアイザック・ジュリアンが追っていく。スウィントンは自ら選んだ言葉でジャーマンを語っていき、ジュリアンは独特のタッチでジャーマンの映像を拾っていく。ジャーマンの生前のインタビューもあって、何か食べながらもぐもぐと話すのが面白い。割とカジュアルなんだけど、やっぱりそこはイギリス映画。暗い!w でもアンダーグラウンドな感じがよーーーく出てます。LGBTの世界、そしてパンクの世界、暴力的な世界、ジャーマンの生き様が分かります。

前々から書いているようにLGBTについて撮らせるなら、イギリスの方が数段上。閉鎖的で屈折している描写が素晴らしく、私の感性をくすぐる。80年代はここから出てきたスターも多い。ダニエル・デイ=ルイスルパート・エヴェレットコリン・ファースヒュー・グラント...錚々たる俳優の名前。これが一人前に出来てこその名優。彼らが出ていた80年代の作品はソフトに彼等の感情が美しく描かれておりましたが、ジャーマンはその前の70年代により前衛的に描いた作品が多かった。実験的で生々しく感情や色々な物がむき出し状態。一般人にしてみたら、全然違う別世界を感じてしまうような作品。感じたのは、イギリスのそういう世界の人たちが彼を欲していたんだろうねという事。時代が彼を生み出した。

そしてやはりイギリス独特の反骨精神を感じる。アメリカとか日本とは違う反骨精神。それがアートになってしまう土壌がイギリスにはある。だから違うんだよね。

感想などはこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)