SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

批評家チョイス映画賞

2012年1月12日、ハリウッドにて批評家チョイス映画賞が発表された。これから毎週のように続く映画の大きな賞のスタートを知られると言われているのが、今回の賞。オスカーの前哨戦の一つでもある。

結果はこちら

そうなのです!「The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)」から主演女優賞にヴァイオラデイビス、そして助演女優賞オクタヴィア・スペンサーが受賞しました。さらに「ヘルプ」はアンサンブル部門も受賞。オクタヴィア・スペンサーが代表でスピーチしてました。オスカーにアンサンブル賞があれば、「ヘルプ」の受賞は確実だと思うのですが、残念な事に無い。デイビスもスペンサーも、ここにきてやっと受賞なんですよね。小さな地方の批評家賞系を取りこぼしているのが気になります。ノミネートは確実だと思うけど、受賞はまだまだ確実じゃないですね。

この授賞式を見ることが出来たのですが、2人ともに予期せぬ受賞という感じで、ガチガチでしたね。でもヴァイオラデイビスはスクリーンから受けるイメージ通りに、途中からは落ち着いたようでクールなスピーチでした。スピーチで一番カッコよかったのが、助演男優賞クリストファー・プラマー。スピーチの長さといい、その内容といい、聞いていて一番気持ちがいい。ジョージ・クルーニーもいつも通りにクールでダンディだったけど、ちょっと長かったかなー。お陰で録画が途中で切れちゃいました!それにしても、ドナルド・グローバー君がプレゼンターに登場したのは驚きでした。「Mystery Team / 日本未公開 (2009)」からだいぶ出世しましたねー。彼はラッパーとしても徐々に評価されつつあります。40分で今年のチケットが売り切れたと話題のコーチェラにも出ますよ。

レッドカーペット
授賞式

Home - Critics' Choice AwardsCritics' Choice Awards
http://www.vh1.com/shows/events/critics_choice/_2012/