SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

マーヴィン・ゲイ

もう何年も前からマーヴィン・ゲイの自伝映画の話はあり、しかも数プロジェクト同時に進んでいるが、どれも一向に進んでいない。それによってメディアも混乱していて、どれがどのプロジェクトなのか分からないで書いてある記事も沢山ある。その中から今回はTVシリーズ「Law & Order」や映画「Rent / レント (2005)」等で知られるジェシー・L・マーティンがマーヴィン・ゲイを演じる「Sexual Healing」も話を。こちらはマーヴィン・ゲイモータウン以降の時代が語られる作品の予定で、残念ながらマーヴィンの音楽を使える権利が「Sexual Healing」のアルバムだけになっている。監督もキャメロン・クロウ等が参加していたが、結局ジュリアン・テンプルに決まり、主演もテレンス・ハワードという噂だったが、どうやら最初から噂のあったジェシー・L・マーティンが残っているらしい。そのマーティンが今回そのプロジェクトについて口を開いた。

(映画を作るのは)不可能なんだ。ただ...どうなんだろう...分からないね。それを投げ出して「なるようになるさ」という気分なんだけど、でも作る事が不可能なんだ。本当に。ダメなんだ。5つか6つのマーヴィンの自伝映画プロジェクトがあると思う。みんな作ろうとはしているけど、どれも不可能に思えるね。まだ誰もやってないし、私達も終わってない。映画として完成出来ていないのには理由があるみたいなんだ。どんな理由かは分からないけれど、我々は戦略を変えてみるつもりさ。舞台とかね。それはいいアイデアだよね!やってみるさ!絶対に。

と語っている。そしてマーヴィンの自伝映画の制作の一番の難しさは音楽権利にあると言われている。同時に何個ものプロジェクトが進んでいるために、音楽権利が分散し、音楽が全部使える映画とそうでない映画に分かれているのも大きな原因。

http://www.eurweb.com/?p=100426

そしてマーヴィンの2番目の妻で女優や歌手として活躍するノナ・ゲイの母であるジャニス・ゲイがこの数プロジェクトある自伝映画化について語っている。

26年間たった今でも、マーヴィンのように殺された人生を歩んだ人なんて居ないわ... 本当にあの日は全てを引き離されてショックだったのよ。もうずっと誰を信用していいかというのが分からなかった程なの。なぜマーヴィンが殺されたのかという事を映画にするという不安が常にあるの。その疑問はかならずあるわ。なんでマーヴィンの父親がマーヴィンを殺すことになったのか、掘り下げてみようってね。誰にもなぜかは分からないのよ。

ジャニスはまたマーヴィンの麻薬常習や否定的な事が映画では重点に置かれるのではないかと心配している。そして主役のマーヴィン役にはテレンス・ハワードジェイミー・フォックス等のオスカー俳優達の名前も飛び交っているが、ジャニス本人は理想としてデンゼル・ワシントンの名前を挙げた。同じ牧師の息子という共通点をあげている。しかし

確かにデンゼルが踊っている事は見た事ないわよね。でも聞いた所に寄れば、彼は結構かっこ良く踊れるそうよ。もし(映画が)あるならば、デンゼルが一番の理想ね

Marvin Gaye: Mixed messages heard on the grapevine | The Independent