SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Of Boys and Men / 日本未公開 (2008) 845本目

ついつい泣いちゃう映画ですね。優れた訳じゃないけど、嫌いになれない作品。何て言ったって、あのアンジェラ・バセットが出てるんですもの...悪い訳がない!アンジェラ・バセットロバート・タウンゼントが夫婦役。てっきりロバート・タウンゼント監督作品だと信じ込んで見ていたのだけど、別の人が監督。「One Week / 日本未公開 (2000)」という作品でデビューしたシカゴ出身の監督。という事で、シカゴが舞台でシカゴ出身のロバート・タウンゼントが主役。そして元シカゴ・ブルスの選手とか出てきたりと、シカゴ100%な作品。

物語は...ってあんまり書けない。ネタバレになっちゃいますからねー。でもオープニングでは少年が女性と車で去るシーンから始まります。この少年がその去る前の3週間で経験した事を語られていきます。でもそれだけじゃないんだな。えぇーーという事が起きてしまうんですね。ちなみに3週間前は少年の年の離れた兄が大学の卒業式を迎える朝。兄は家族で初めて大学を卒業するという事で、誰もが嬉しく、そして誇らしく思っていたのです。でも... 全ての事は予測なんて出来ない。それは私達も先月学んだ事。絶対な物なんて何もない。ある事を境にもろく崩れてしまう事だってある。家族だって一緒。悲しみや後悔ばかりが残ってしまう。修復だって大変。誰も完璧になんて出来ない。でも一人じゃない。ってACのCMみたいな事書いちゃいましたけど。よく男の子を育てるのには男性が必要とか言いますが、その男性だって男の子を育てるのは大変。

アンジェラ・バセットは最高ですね。さすがですよ。ロバート・タウンゼントのらしい優しさもこの役にはぴったり。でも今回は割りとドラマチックな見せ所も多くて、いつもとはちょっと雰囲気違う所もあります。でも優しいパパなんですよねー。そしてそのロバート・タウンゼントが演じた男性の妹役を演じてたヴィクトリア・ローレルが良い!あんな綺麗で優しいおばさん、私だって欲しい。

テーマがテーマだけに、泣いちゃう人は多いと思います。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)