SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Spirit Lost / 日本未公開 (1997) 840本目

これむかーーーーし、むかしに当時お付き合いをしていた彼氏のアパートで見た。奴はアメリカの実家からビデオを送ってもらっていて、その1つがこれだったね。他にも見たけど、これだけやたらと覚えているのです。あのレオンのジャケットといい。DVDもあったんだろうけど、まだそんなに普及してない頃だったね。そうだね、昔だね。しかし昔の記憶は薄れてきちゃってるよね、そうだよね。レオンの事はしっかり覚えているけれど、女優2人の事はすっかり忘れてた。レジーナ・テイラーとシンダ・ウィリアムスだったんだ!と改めて思ったり。レジーナ・テイラーは相変わらず固い!

これはかなりセクスィ〜〜な映画。あ、こんなにエロかったんだ。同じように性に取り付かれた悪霊「Abby / アビィ (1974)」がありますが、あれよりもエロ。というのも、シンダ・ウィリアムスは脱ぎっぷりがいい!!レジーナ・テイラーは頑張ってキャミソール止まりなのに、シンダ・ウィリアムスはイキナリ... ああ脱ぎっぷりがいいと、逆にエロくなくなるね。凄い度胸だ。でもそれよりも輪をかけてエロいのが、レオン。レオンは大胆に脱ぐわけじゃないけど、脱いでない訳でもない。確かに脱いでる。だけど、レオンのセクシーさは裸体だけじゃない。男の色気が良い感じで出てますね。途中歌まで披露。そしてこれは舞台とか物語もいいのですよ。ノースカロライナの島が舞台。「Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)」等でも知られるように、ガラ達の島。独特の雰囲気のある島が舞台。映画の中で特にそれについて説明もないけれど、十分画面から伝わる艶かしい雰囲気。女流監督ニーマ・バーネットの作品。でも光のつかいかたイマイチだったかなー。
レオンが演じるジョンは新進の画家。レジーナ・テイラー演じるウィリーと幸せな結婚をしていて、都会ではゆっくりと制作出来ないし、子供を作ってゆっくり生活したいと、その島に引っ越すのです。そこで買ったのが、海に面した一軒の古い家。その家は200年もの歴史がある。その家は船のキャプテンと元奴隷の女性が結婚して住む筈だったけど、元奴隷の女性は騙されてずっとその家で待っていた。その女性が幽霊となって、ジョンを誘惑していくのです。

この映画、黒人向けのTVチャンネルBETが制作。しかしエロ過ぎてTV放映出来ずにビデオスルー。このエピソードもかなりの武勇伝だわ。っーか、当時まだまだまだまだ若かった私にこんな映画見せていた、あいつめ!

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)