SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Why Did I Get Married Too / 日本未公開 (2010) 716本目

やっと観れました。私、タイラー・ペリーの映画は劇場にて皆勤賞...だと思っていたのですが、「Madea's Family Reunion / 日本未公開 (2006)」はDVD鑑賞なってる。なんでだ??この映画も劇場で観た気がするんだけど...入力するとき間違えたのか、それとも私の記憶が違うのか... あれだよね、マディアがフライパンで殴ってた作品だよね。確実に劇場で見た気がする。調べたらやっぱり劇場で見てる。という事で皆勤賞。わい。後で直そう。というか、「Madea's Family..」の時の100本映画の出だしもやはり「やっと観れました」だった!
と言う訳で、今回の映画は割りと評判が良かった。それもその筈、今回の映画はタイラー・ペリーにとって初のシリーズ化。割と面白いシーンが多かった。マイケル・ジェイ・ホワイトとターシャ・スミスの2人が掛け合い漫才みたいだった。あれだね、マイケル・ジェイ・ホワイトが唯一スクリーンの中で勝てない相手がターシャ・スミスだね。ターシャ・スミスは一番男性が苦手だと思われる丁度良い具合の声で、これまたマシンガンのように休む事なく、マイケル・ジェイ・ホワイトに攻撃。マイケル・ジェイ・ホワイトが見事に撃沈されてる。ターシャ・スミスを見ていると、昔活躍していたTyra Ferrell (タイラ・フェレル)を思い出します。タイラー・ペリーのマディアの若い子版だね、あれは。マイケル・ジェイ・ホワイトが演じた役も面白かった。前回は仕事を探している男だったけど、今回はスポーツキャスターになっている。普通の会話でもフットボールに絡めてしまう単細胞。アクションじゃなくても、コメディでもいける口ですね。今回は舞台となったバハマで、その肉体美を披露。肉体美と言えば、ラマーン・ラッカーも素敵でしたね。マリク・ヨバも見せてましたねー。逆になんでタイラーとリチャード・T・ジョーンズは見せてないんだろう??タイラーは何となく分かるけど、ジョーンズは??と思ったら、シャツ着てたときお腹が結構膨らんでた。だからか。ジョーンズ、日本生まれで好きなのに、いいオッサンになったのですね...

ジャネット・ジャクソンが主演なのに前作はジル・スコットが主演ぽい感じがした。でも今回は正真正銘ジャネットが主演。この映画の撮影が始まってすぐに兄のマイケル・ジャクソンが亡くなった。撮影は一時中断。今回はとっても感情的な役柄だったけど、図らずとも役とジャネットのプライベートがピッタリと合体してしまいましたね。それもあってか、とっても熱演でした。というか、あの役の状況をよく演じきれたなと感じましたよ。ジャネットがバハマで着ていた黄色のドレス、私も欲しい。あれで「まるがりーた〜!」をやるジャネットが可愛すぎる。

最後のキャメオにびっくり!まさかあの人をタイラー・ペリーの映画で観れるなんて!いちよう名前は伏せますが、IMDBには名前が載ってます。驚く位なので、割りとビックな人ですわ。いろんな意味でも。でも最近、この人のニュースで驚く事がありましたっけ。まさかあの人があの映画に...というニュースで。あ、あと日本でも一瞬話題となったじょんて★もーにんぐが出てましたー。一瞬だけど。

まああれですね。割りと驚く設定が多かったです。あの人とあの人が??という感じもありました。予告編だけじゃ、全然分からないですよ。でも実際問題、夫婦の問題って夫婦間でしか分からない事って沢山ありますからね。その感じの現実味があって良かった。男性陣の会話も率直で面白い。でもタイラー・ペリーにしては最後がものすごく駆け足。タイラー・ペリーの好きな所は、そういう問題点をじっくりと時間を掛けて映画の中でちゃんと解決してくれる所。今回は問題点が一杯あり過ぎて、最後が詰まってましたね。あれ?それで解決??みたいな印象があります。そこだけが不満。でもマイケル・ジェイ・ホワイトの肉体とラブシーンに満足。

それにしてもIMDBのユーザーはタイラー・ペリー映画に厳しすぎるぜ。良い映画じゃないんだけど、面白い映画ではあるのに。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:劇場にて鑑賞)