SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Something Is Killing Tate / 日本未公開 (2008) 623本目

フゥーー!!(今時)
テンション上がりました。良い映画を観るとどうもテンションが上がる。いや、ここの所5点満点を出す映画を見ていなかった為、とうとうそういうお年頃なのかと落ち込んでいたんですよ。もう役立たずなんじゃないかと悲しんでいたんです。一時期は5点満点を沢山量産していた気もするけどね。先月なんてゼロよ、ゼロ。見た数が特に少ないという訳でもないのにね。中々の映画を見ても、いやーー5点満点じゃないだろーーーと何かにブレーキをかけられていたんですわ。とうとう現れたぜ。私もまだまだ現役だね。

とテンションが上がるくらい素晴らしい映画。私がビル・ゲイツ並みのお金持ちなら、劇場買って権利買って日本で上映したね。みんな残念だね、私がお金持ちじゃなくて。申し訳ないけど、アマゾンでDVD買って是非見てください。それ位の価値はある筈。と、私はテンション高いですが、映画自体は物凄く暗い映画でテンション低いです。テーマが重い。あんまり書くとこの映画の場合は面白くなくなっちゃうので書きませんが、主人公がいきなり自殺するんです。でも未遂に終わって..と、私はテッキリ自殺問題がテーマなのかなーと思って見たんですが、実際はもう一つ重い深刻なテーマが隠されていまして... いやー、胸にずしんと来ましたね。久々ですわ。もう衝撃的で... その自殺未遂した男の壮絶なドラマです。ああいう経験する人は少ないと思う。でも現実には少なからず居る訳で... とっても身近なテーマだと思わせる腕をこの映画は持ってます。最後だけ、とっても空想的なエンディングなんですが、それがまた泣ける。号泣です。私、嗚咽しました。まだ見てないけれど、多分テーマ的にはこの「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」という作品と似てるんじゃないかと思います。その作品はサンダンス映画祭で大賞を取って話題になりましたが、こちらは小粒ながら出展した映画祭の全てで何かしらの賞を受賞。その賞も「オスカー・ミショー賞」やら「メルヴィン・ヴァン・ピープルス賞」やら、ブラックムービーファンには嬉しい名前が並ぶ賞を受賞。でも凄く納得なんですよね。それだけの歴史を作ってきた監督の名前と同じような活躍を期待しちゃう作品ですね。回想シーンを入れて主人公の過去を知るという在り来たりな手法ですし、斬新な技術とか映像とか使っている訳じゃないけれど、どことなく新しさを感じる。その伝説な映画監督達にも似た、新しい問題点を突く作品でした。特典映像では、監督がインタビューを受けている映像もあるのですが、そのインタビューとか聞いていると例え上手でわかり易い。映画をパイに例えて、出演者達を具材に例えたり、映画の評価も最初は知っている人達からの賞賛だったので、知っている人の賞賛は自分のママにキュートだって言われているようなもので実感できなかったとか、色々。この映画を思いついたのは、自分がフォスターホーム(里親制度)に関わる仕事をしていたからだそう。また、この映画は子役には重いテーマな為、子役だけには全く別の脚本を渡して、その雰囲気が出るように演じさせたらしいです。ほー、なるほど。子役はこの映画見れないんですね。もっとこの監督に映画作って貰いたいです。もうインディペンデンスのチープさとか全く無し。素晴らしいです。

俳優も全くと言っていい程の無名の俳優ぞろいでしたが、この映画の場合それは逆に青田買いですね。主役のテイトを演じたジャッコ・シムズとその恋人のレネーを演じたアリザ・パール共にチャーミング。アリザ・パールは派手さはないけど、非常に可愛い。私が男だったら、やっぱり彼女にしたいタイプ。ジャッコ・シムズは新しく始まったTVシリーズ「Crush」(あの同名映画のTV化ですね)では、デニス・ホッパーと共に出演中らしい。「She Hate Me / セレブの種 (2004)」のアンソニー・マッキーを思わせる風貌ですが、マッキーよりももうちょっと線が太い感じ。これからが楽しみな2人。カールトンを演じたケビン・ニコラスと、ジャスミンを演じた女性は、観てから1日経って落ち着いた今でも憎いです。でもそれだけ彼等の演技が上手かった証拠。子役も良かったですね。テイトの小さい頃を演じていた子は、「Major Payne / デイモン・ウェイアンズはメジャー・ペイン (1995)」の一番チビちゃんだったタイガーにソックリ。

いやー、お金があったら皆さんに見て頂いたのに、残念。内容もガッツリと書きたいんですが、こればかりは...観て衝撃を受けた方が良いと思いますので... まあこういう発見があるからこそ、インディペンデンスは侮れないですわよねー。どうせ見るなら、こういういい映画観たいですよね。観る前からなんとなく勘で面白いだろうなーとは感じていましたが、ここまで面白いとは!その衝撃も凄かった。

感想やあらすじはこちら

(5点満点:心痛みながら、そして感動しながら、嗚咽してDVDにて鑑賞)