SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Emma Mae / 日本未公開 (1976) 110本目

この作品も「Never Judge a Book by its Cover(見た目で判断するな)」の作品の一つ。メディア発売された時のタイトルも「Emma Mae」から「Black Sister's Revenge」といかにもブラックスプロイテーション映画のタイトルと変えられてしまっている。DVD発売では70年代風なジャケットになっていますが、ビデオ発売された時のジャケットなんて最悪。いかにも80年代風のアポロニアとかヴァニティに似ている女性が短銃持ってるバージョンと、やっぱり派手な女性2つの銃を抱えているバージョン。もう映画の内容なんか関係なしかい!このジャケット見たらさすがの私も見る気無くします。でも見た理由は、この映画を調べていたら意外と面白そうだと知ったのが理由。

監督のジャマー・ファナカは80年代に入ると「Penitentiary」シリーズを製作します。シリーズにはミスターTなんかも出ていて、ちょっとしたカルト。80年代に青春時代を過ごした夫は思い入れがあるのか、なぜかDVDを揃えてます。80年代独特のいい感じのB級感のある映画です。そのジャマー・ファナカがUCLAの映画プログラムで勉強している間に作った作品がこれ。俳優陣に著名やベテランな俳優は使ってませんが、見事に演出しております。ジャマー・ファナカという珍しい名前はもちろん本名ではありません。アフリカに傾倒して、スワヒリ語でジャマーが「仲間意識」という意味で、ファナカが「進歩」だそうです。そういうのもあってか、冒頭はコンプトンの公園でコンガドラムを叩いているシーンから始まります。恋人達がキスをしていたり、バスケットをしていたり、男達が歌ってたり... コンプトンのまったり日曜日の雰囲気です。そんな日にミシシッピからやってくるのが、タイトルになっているエマ・メエ。身寄りを亡くし、ロサンジェルスの叔母の家にやってきました。髪型もファッションもダサく、世間知らずなところはありますが。喧嘩は強くてカリスマ性を秘めています。純情で優しい面もあって、叔母の子供達からも好かれるようになります。エマ・メエちゃん、恰幅はいいけれど可愛いんだ。この女優さんはどこ出身か分からないですが、ジャマー・ファナカとはUCLAで知り合ったようで、UCLAの演劇科に居たそう。訛というより話し方が「ザ・南部」。ラストが滅茶苦茶カッコいい。

面白かったのが、そのエマ・メエがタコスを知らなかった事。トルティーアの事を「私には乾いたコーンブレッドね」と言います。間違ってはいないような... でも考えてみたら、日本に住んでいた私なんてもっと大人になってからタコスの事知ったもんね。食べたのもずっと後。あの当時の南部の人だったら知らなかったかも??と思った。

あと都会的な部分を出す為か、ソウルトレインから抜け出してきたような奇抜なファッションも面白かった。

都会には田舎から出てきた人が多い。私の周りにも多かったし、私自身親がそうだ。都会に馴染んでいくのは大変だったと思う。都会での見えないプレッシャーとかを、ブラックスプロイテーションのマニュアルに埋め込んで、飽きない作りとなっています。でもパム・グリアの一連の復讐劇みたいのを期待しちゃうと、この映画はちょっと違うと思う。そして面白いのが、銃とか出てきますが実際には使ってなかったような... 素手の対決が主でしたね。派手なアクションじゃないけれど、逆に面白かった。台詞とかも面白かった。ハッキリ「田舎者が!」とか「田舎から出てきた女の子が街で成功して若者達を仕切っていると、怖がる人達(白人)が多いんだよ」とか、「都会の人達は都会の優越な部分をちゃんと使えないで、逆に都会に使われてるのよ!」とか興味深い。ブラックスプロイテーションと大きく違う所があるとしたら、愛かな。この映画には愛がある。変えられてしまったタイトルの「リベンジ」というだけじゃないのよ。愛があるから、お尻叩く(実際にはお尻じゃないけど)のよ。また愛がそうさせたのよね。

感想はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)