SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Notorious / 日本未公開 (2009)

Cast >> Jamal Woolard (Notorious B.I.G.), Derek Luke (Sean Combs), Anthony Mackie (Tupac Shakur), Angela Bassett (Voletta Wallace), Naturi Naughton (Lil Kim), Antonique Smith (Faith Evans), Sean Ringgold (Suge Knight), Marc John Jefferies (Lil Cease) ...
Director >> George Tillman Jr.
Writer >> Reggie Rock Bythewood, Cheo Hodari Coker
Producer >> Robert Teitel, Voletta Wallace, Sean Combs ...
Genre >> Biography

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

It was all a dream... And it's all... Good
クリストファー・ウォレス(クリストファー・ジョーダン・ウォレス)は12歳になったが、母(アンジェラ・バセット)と2人で暮してきた。友人D-Rockから教わり、クラックを売るようになる。17歳(ジャマール・ウーラード)になり、学校では頭の良いところを見せたが、それ故に教師と対立して学校を辞め、母とも対立して家を出る事になった。ストリートでのラップバトルでセンスの良いところを見せるが、売人としての道にはまっていく...

これぞヒップホップムービー。私は幸運にもビギーと2パックと同じ世代で同じ時代を生きてきた。存在した場所こそ違えど、同じ時期に高校を経験し同じ時期に20代への扉を開けた。その彼等が20代の中間で亡くなった時に、私は偶然にも音楽業界に居た。あの彼等の存在感の凄さを感じずには居られなかった。そして彼等が抜けた後の空虚の業界も感じた。そんな90年代のヒップホップの歴史を築いた男ノートリアスBIGの生き様をどの様に見せてくれるのか楽しみにしていた分不安もあった。最近のヒップホップが題材の映画に面白さを感じた事がなかったからだ。だがその期待以上のドラマに仕立て、しかもミュージシャンという男の職業にも敬意を表した作りになっている。ビギーが有名になった曲「Juicy」のエピソード等は、ヒップホップファンでもファンでなくても非常に楽しめるようになっている。ビギーの人間としての喜怒哀楽があるので、人間としての輪郭がくっきりはっきりと描かれている。また人間としての素晴らしさ強さと、その逆である醜い部分や弱さも見えてくる。その人間を変えていく台詞の数々も、詩人としてのビギーも浮き彫りにしているように思えた。製作者達のビギーという男を伝えたいという集中力と情熱を感じた。

ビギーは自分のような男のストーリーをラップで伝えたいと願っていた。この映画はその役割も十分に果たしている。力強いリリック(台詞・ストーリー)に、メロウなメロディ... これこそがビギーや2パックが作り上げたヒップホップだ。


(1/16/09:劇場にて鑑賞)