SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Prophet??

はっはー、予言通りにヴァイオラデイビスタラジ・P・ヘンソンがオスカーにノミネートされました。嬉しいですね。まあ予言もなにも、予測出来た事ですけどね。ヴァイオラデイビスは主要アワードで殆どと言っていい程にノミネートされていたので、オスカーも間違いないとは思っていましたが、タラジ・P・ヘンソンは50/50だと思ってました。ゴールデン・グローブ賞ではノミネートも逃していましたので。選ばれて何よりです。多分2人共に受賞は難しいかもしれませんが、これで女優としての箔が付きましたので、これから素晴らしい作品にオファーされていい作品を沢山残してくれるでしょうね。特に、ヴァイオラデイビスは今まで助演のイメージしかなかったので、これから主役級で活躍してくれるだろうと期待してます。
ただ2人とドキュメンタリーだけって悲しいね。去年はいい映画沢山あったのになー。音楽部門でもノミネートされていないのも悲しい。

予言と言えば...「Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009)」を見てからというもの、私のヒップホップ熱が急激に最熱。撮っておいた5時間にも及ぶ2004年に製作されているヒップホップのドキュメンタリーを見た。その内容は後日書くとして、その中で言っていたパブリック・エナミーチャックDの言葉にドキっとした。しつこく書きますが、2004年の製作です。チャックDは「2018年には黒人の大統領が誕生しているだろうね」と語ってます。チャックDの予言よりも9年も早く実現。2004年、丁度バラク・オバマ民主党大会であの「ただアメリカ合衆国があるだけだ」の演説をした年であり、ようやくオバマの名前が全国的に知れ渡っていた年。もちろんチャックDオバマの名前こそ知っていても、4年後に大統領に立候補するなんて知るよしもなかった頃。ちょっと身震いした。ひょっとしたら世の中は物凄いスピードでいい方向に向かっているのかも??なんて思ったりもする。そう思いたい。