SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アカデミー賞ノミネーション

昨日も書いた通り、今日はアカデミー賞のノミネート発表の日。予想通りに「Doubt」のヴァイオラデイビスと「The Curious Case of Benjamin Button」のTaraji P. Henson (タラジ・P・ヘンソン)が揃ってノミネートされた。後はドキュメンタリー部門でダニー・グローバーが製作に加わっている「Trouble the Water (2008) - IMDb」も選ばれている。こちらはハリケーンカトリーナでのドキュメンタリーで、ラップアーティストを目指す女性とその夫の苦境を描いた作品。

その選ばれたヴァイオラデイビスの談話。

"I didn't sleep all night. I screamed in my husband's ear and drank some champagne. When you're acknowledged like this, you feel confident that you've reached people and you're on the right path. That's a basic need of any human being, expecially when you're living out a dream like I am."

一晩中寝られませんでした。夫の耳元で叫び、そしてシャンペンを飲みました。このように認められるという事は、自信にもつながり、人々とつながり、そして正しい道を進んでいると感じ取れます。人としてそれは必要な事で、私のようにこのような夢心地の生活をしている者にとっては特に必要な事なのです。
http://www.variety.com/article/VR1117998921.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562

おめでとうございます。という訳で、ヴァイオラデイビスについてはまだサイトでもページを作っていなかったので、少し説明。タラジ・P・ヘンソンについては、サイトでページを作っているので、そちらを参照してください。

ヴァイオラデイビスはサウス・カロライナで生まれたが、小さい時にロードアイランドに引っ越していてそちらで育っている。ロードアイランドでは「Upward Bound and Student Support Services」という教育省が資金を出しているプログラムに参加。その後にバーナード・マスターソンに才能を認められて、ロードアイランドの芸術高校にマスターソンが提供した奨学金で入学している。大学もロードアイランドにあるロードアイランド大学に入学して、演劇を専攻して卒業している。2002年には同大学から名誉芸術博士号を授与している。ジュリアード大学でも4年在籍した。
その後にはオーガスト・ウィルソンの舞台「King Hedley II」にて、2001年のトニー賞のベスト女優賞を受賞した。映画には「The Substance of Fire / 大いなる相続 (1996)」の看護婦という小さな役でデビュー。スティーヴン・ソダーバーグの作品「Out of Sight/アウト・オブ・サイト (1998)」や「Traffic / トラフィック (2002)」、「Solaris / ソラリス (2002)」等にも出演。また「Antwone Fisher / 君の帰る場所/アントワン・フィッシャー (2003)」や「Get Rich or Die Tryin' / ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005)」、「Life Is Not a Fairytale: The Fantasia Barrino Story / 日本未公開 (2006)」にも出演している。そして2008年にはメリル・ストリープフィリップ・シーモア・ホフマンと共演した「DOUBT」にて、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

私生活では「Friday Night Lights / プライド 栄光への絆 (2004)」等に出演している俳優のジュリアス・テノン(Julius Tennon)と2003年に結婚し、2人の子供を授かっている。

ノミネート者の全リストはこちら
発表は2月22日。