SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Premium / 日本未公開 (2006) 90本目

インディのラブストーリーです。インディは当たり外れの差が激しいですが、こちらは当たり。ゾーイ・サルダーニャが出てます。私、ずっとゾーイ・サルダナだと思っていたんですが、彼女はドミニカ出身なのでスペイン語でサルダーニャが正しいみたいですね。インタビューとかを見て分かりました。正しくは彼女の名前の最後の「n」には上に「~」がつくみたい。これから直さないと。
お相手がサルダーニャに比べて知名度が低いですが、ドリアン・ミシックという男性。これからちょくちょく出てくるかな?これがまた...私のど真ん中ストレート。ぐふふ。ストーリーに目の保養にと楽しませて頂きましたよ。

ストーリーが一筋縄でいかない感じです。何と言うか「Hollywood Shuffle / ハリウッド夢工場/オスカーを狙え!! (1987)」に似ているんですが、印象は全然違います。「ハリウッド夢工場」は80年代の佳作。スパイク・リーも「現代のブラックムービーを変えた」と言っている作品です。プロットは似ています。俳優を目指してますが、未だオーディション通いの日々。しかしオーディションに行っても黒人のステレオタイプ(偏見)的な頂けない役ばかり...プライドや俳優になっていい作品を残したいという夢の間で悩みます。しかし、この映画はそのストーリーの中にラブロマンスのドラマを付け加えています。でもそのロマンスの部分は私からしてみたら、男とワガママで...と思ってしまいます。その駆け出しの俳優と、元フィアンセの話し。フィアンセだったけれど3年前に別れていて、また偶然に会う。でも女性(サルダーニャ)の方は結婚式を3日後に控えている。そのサルダーニャの今のフィアンセを演じたのがヒル・ハーパー。なんでこういう役が多いんでしょうかね?何かいつも運の無い役で...でもこういう役が合っちゃったりするんですよね。友達はオバマだっていうのに。後は「Crossover / 日本未公開 (2006)」のエヴァ・ピックフォードが出てました。タイラ・バンクスの「America's Next Top Model」で優勝したモデルなんですが、本当に...演技下手。イライラしたわ。この先上手くなる可能性も無い感じ。可愛いけどね。後は「Above the Rim / ビート・オブ・ダンク (1994)」の主役のママで最後になぜかレオンと出来てたトンヤ・ピンキンスとか、「Coming to America / 星の王子ニューヨークへ行く (1988)」でアキーム王子にアパート貸してたフランキー・ファイゾンとかも出ていて、割りと馴染みのある顔も多かったです。

皆さんならどうします?まだ気持ちの残っている元彼女・彼氏が結婚をすぐ控えている時に会ったら...「おめでとう」って言えますか?それとも自分の気持ちを貫いちゃいますか??逆に自分が数日後に結婚する立場だったらどうしますか??絶対に相手を無視出来ない状態だったらどうしますか??その答えによってこの映画の評価が分かれるかもしれないですね。私はあの主人公のとった行動は許せないです。それは私は既婚者で失うものが大きいと分かっているかだと思うんですよ。だから主人公がワガママだなって思うんです。でも人によって評価が違うと思います。自分の人生悔いないものにする為に、自分の気持ちを貫くのがベストだと思う人もいるだろうし、相手には自分の気持ちを伝えないと相手には伝わらないと思う人もいるだろうし、あの主人公の行動をロマンチックだと思ったり、当たり前だと思ったりするかもしれないです。

これラストも一筋縄ではいかないです。「えぇぇえええぇぇーーー」って感じで驚きです。うそぉーって感じですが、これが中々。私がゾーイ・サルダーニャの立場だったら、もう立ち直れませんという感じですが... でもこの映画のラストは、意外と「これもありよね」と思わせてくれます。結婚とか恋愛は縁だなって思いますわ。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)