SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Family That Preys / 日本未公開 (2008)

Cast >> Alfre Woodard (Alice Pratt), Kathy Bates, Taraji P. Henson (Pam), Sanaa Lathan, Rockmond Dunbar, Tyler Perry, KaDee Strickland (Jillian), Robin Givens (Abby), Cole Hauser (William) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Tyler Perry, Reuben Cannon ...
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Let it go
アリス(アルフレ・ウッダード)は街でダイナーを営み、大きな建設会社を経営するシャーロット・カートライト(キャシー・ベイツ)と友達だった。アリスの娘の1人アンドレア(サナー・レイサン)がクリス(ロックモンド・ダンバー)と結婚した時にも、シャーロットの豪邸の庭を使った。その時にアンドレアとクリスはシャーロットの息子ウィリアムに出会い、クリスはカートライトの建設現場で働いており、一流大学を出たアンドレアはウィリアムの下で会計の仕事を得たが...

精力的に作品を発表するタイラー・ペリーの最新作は、今回の為に書き下ろした作品なので、今までとちょっと趣が違ったように思える。コメディ色の強い作品が多い中、今回はシリアスなドラマに果敢に挑戦している。シリアスになるとどうも説教ぽい作品が多い中、その辺を全く感じさせないタイラー・ペリーの才能が光った。ただ、内容が内容だけに妻が香水で事情を感じる取る所等は「ソープドラマ(昼ドラ)」ぽさを感じてしまう部分が多かった。しかし、アルフレ・ウッダードキャシー・ベイツという個性の強い大女優2人の「友達」という関係を描く部分と2人の女優の雰囲気と、サナー・レイサンとロビン・ギブンスという同じ男に誘われた時の対処の違いに感じる事の出来る「正反対」の2人の関係、そしてその中にニュートラルなタラジ・P・ヘンソンという女優を見事に映画に生かしていたように思える。しかし映画の中の男性の使い方も絶妙である。性別とか人種だけでは語れない「人間」としてのバランス具合が非常に良かったように思える。

女性たちの微妙で難しい関係を通して、友情や愛情を描いていたのは見事。女性は思わず涙するだろう。またそういう中でキリスト教の教えである「許し」を絡ませているのは、さすがタイラー・ペリーの絶妙な上手さだろう。

(9/13/08:劇場にて鑑賞)