SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Harlem Aria / 日本未公開 (1999) 50本目

デーモン爺さん、第48回のお誕生日おめでとうございます。そうなんです、我らの爺さんデーモン・ウェイアンズのお誕生日なんですね。日本の日付では。アメリカでは明日。もう48歳かー。でも考えてみたら48歳でお爺さんとはまだまだ若い爺さんだわ。確かもう孫は3歳とか4歳とかじゃないかな??私もデーモン家の孫に生まれて、爺さんから滅茶苦茶可愛がられたかったわ!羨ましいわー。

という事で、デーモン・ウェイアンズをこよなく愛する私のデーモンベスト5には絶対に入るだろう作品が今回の作品。ベスト3はやっぱりデーモンファンの世界(凄い小さな世界だけどね)では、デーモン3部作と言われる「モー・マネー」「ブランクマン」「メジャーペイン」ですね。で、その次というか、きっと「メジャーペイン」を抜いて3位がこの映画。4位が「メジャーペイン」。そして5位が... うーーーん。「Bamboozled / 日本未公開 (2000)」といきたい所ですが、デーモンファン的にはデーモンの良さが生かされてないので、5位はまだ見ぬデーモン監督による「Behind the Smile / 日本未公開 (2005)」を入れる事になるかもしれないから、今のところ欠番。

ま、その位この映画を愛しています。

所がアメリカでは映画祭のみの上映でメディア発売も一切無し。だったらこの映画をどうやって見たか?ですって??昨日も海賊版に対して吠えてたじゃんですって??もちろん海賊版じゃないですよ。なぜかフランスとドイツではDVDとなって発売しているのです。私の単純な頭では、フランスは確かリージョン2で日本と同じだから見られるじゃん!と、フランスのアマゾンで5・6年前位に購入しました。多分郵便代とかも含めて全部で30ドル位かかったけど。Googleの翻訳ページを開きながら、フランス語とにらめっこ。後は今までのアマゾンの購入の手順を思い出して、勘も頼りに頑張りましたよ。でもその甲斐ありましたよ。でもさ、リージョンは同じなんだけど、方式が違う事を頭に入れてなかった。Pal方式なんだよね。でもパソコンのDVDドライブは方式は関係ないらしいので、ちゃんと見れるんですよ。私、そういえば短大時代にドイツ語やっていたので、ドイツで購入すれば良かったかも??でも2年やってドイツ語で覚えているのは、自分の名乗り方と貴方を愛してますの2つのみ(先生ごめんなさい)。ドイツもリージョン2なのかしら??確かフランスの方が若干安かったのもあるのかも??DVDもカッコいいんですよ。さすがおフランス。ケースが綺麗なブルーなんです。映画と合ってるんだ、それが。以前に同じくデーモンファンの方からメールを頂きまして、彼女も同じ方法でこの映画を購入したそうです。私がウェイアンズのサイトの方でアマゾンのフランスで買った事を書いてましたからね。

と言う訳で映画の話。

なんと言うか可愛い大人の男の三角関係というか... 彼等の運命が偶然もつれてしまうんですよね。でもそれは結果自分を見つめ直すいいきっかけにもなった感じ。この前もいい役者だと力説していたガブリエル・カソーズが主役のアントンを演じています。自閉症の青年役。フォレスト・ガンプ的だそう(フランス語のDVDジャケットにもフォレスト・ガンプと書いてあってそこだけ分かった)。純粋だから知らないうちに他の2人はアントンを好きになってしまう(友達としてね)。その状況は、見ている私たちも同じ。何だか好きになっちゃうんです。でもそんなアントンを可愛がる2人にも知らない間に惹かれてしまいます。他の2人を演じたのが、1人がデーモンで、もう1人がクリスチャン・カマーゴという人。デーモンの役は人を騙しながら生きている。そのうちに自分自身も騙し騙し生きてる感じ。全ては白人社会のせいと、物凄く白人の人たちを憎んでいる。もう1人が白人のピアノマン。才能はあるけれどうだつの上がらない男。ヒモのような男。その3人が見事に絡み合っていって、自分自身を見出していくんです。
ガブリエル・カソーズの屈託の無い青年役も見ものですが、デーモンの悪ぶった男も中々。デーモンらしく台詞の随所に面白い皮肉を入れてきます。そこの部分が私は好きなんです。これこそデーモンらしさが生かされているんですよね。この映画ではデーモンはエクゼクティブプロデューサーの地位を手に入れているので、そのように自分で好きにアレンジ出来たんじゃないかな?って思います。そうなんです。デーモンは絶対にノビノビとやらせてこそ光る人(頭だけじゃなくね)。「In Living Color」が正にそれ。兄のキーネンだったからこそ、デーモンは自由にノビノビと出来た。「モー・マネー」も「ブランクマン」も「メジャーペイン」も主演と脚本をやっているので、やっぱり多少自由があったと思う。私がビル・ゲイツ並みのお金持ちだったらねー、映画プロデューサーにでもなってデーモンにどーんと(ついでにダニー・グローバーにも)お金出すのに。「好きなように作ったらええがな」って。ちなみに「Behind the Smile / 日本未公開 (2005)」が全然公開されないのは、映画プロデューサー達が「ラストを変更しろ!」と言ったのに、デーモンがラストは変えない!と言って揉めているからです。な、自由にさせてやらなー。

点数少し引いたのは、音楽がね。オペラはいいのだけど、インディだから他の曲がつまらないラップだったのが残念。もうちょっとカッコいいラップとかならね。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)