SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Forbidden Kingdom / ドラゴン・キングダム(功夫之王)(2008)149本目

見てきたよ。楽しみにしてたよ。でも....やっちまったな!
っていうかさー、監督と脚本家とプロデューサーをあの棒で突きたいよ。ジェット・リージャッキー・チェンの世紀の共演だよ??それぞれのキャラクターは生かされていると思いました。静のジェットと動のジャッキー。それぞれの馴染みのキャラが復活というか....でも...物語が最低だわ。いちよう「西遊記」と同じ物語を元にしているらしいですわ。でもね... なんでアメリカ人が出てくるの??その部分が本当ーーーーに読みやすい安い物語になっていて、本当に泣きたくなった。折角の2人の共演を破壊した感じっすよ。なんでいつもハリウッドではいつも白人男性が特別な特権を手に入れて助けてもらえるんでしょうか?

でも、物語なんかよりも2人のアクションが楽しみ!っていう方には...うーん、どうなんだろう?昔からのファンはあんまりかも??ワイヤーアクション満載って感じで... そういうワイヤーが気にならない人には楽しめるかもしれないですね。でもアクションのコリオグラフィーは最高で、美しい物でした。綺麗。それは見応えバッチリ。

とにかく、何か折角の才能が安いファンタジー映画に押し詰められた感じですかね... 物語が子供ぽいんですよね。最後の最後まで物語が簡単に読めてしまう。どうせなら、ジャッキーのファンとジェットのファンをそれぞれ集めて、ファンの意見を参考に作って欲しかったかも?それぞれのファンには、ジャッキーとの共演なら...ジェットとの共演なら...っていう思いがそれぞれあったと思うから。もうね、アメリカの金儲け主義がファンの気持ちを踏みにじってくれた感じっす。今度は私達に作らせろ!そう思いました... きっと素人でも100人の彼らのファンが集まった方がもっと面白い作品が出来たに違いない!

(3.75点/5点満点中:劇場にて鑑賞)