SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hollywood Shuffle / ハリウッド夢工場/オスカーを狙え!! (1987)

Cast >> Robert Townsend (Bobby Taylor / Jasper / Speed / Sam Ace / Rambro), Helen Martin (Bobby's Grandmother), Craigus R. Johnson (Stevie Taylor), David McKnight (Uncle Ray), Keenen Ivory Wayans (Donald / Jheri Curl), Anne-Marie Johnson (Lydia / Willie Mae / Hooker #5) ...
Director >> Robert Townsend
Writer >> Robert Townsend, Keenen Ivory Wayans
Producer >> Robert Townsend, Carl Craig

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

This is how we started
ボビー・テイラー(ロバート・タウンゼント)は、ハリウッドで俳優になる事を目指していた。ホットドック店でバイトをしながら、オーディションに参加し、やっとの事で映画の役を得たのだったが、その役は黒人の姿を蔑むものだった...

私はこの映画が現代のブラックムービーの始まりだと思っている。それまでの映画は全て黒か白か...または灰色か...のいずれかだった思う。この映画にてようやく「自分」が出てきたと思うのだ。確かに映画は、俳優を目指す黒人青年を取り巻くハリウッドの環境を風刺し、白人社会から受ける黒人の差別を描いたものではあるので、どちらかと言えば黒人が主役... 黒人が白人から受ける差別が主役なのかもしれない。でも、ロバート・タウンゼントとキーネン・アイボリー・ウェイアンズは、更に黒人が黒人から受ける差別をも描いている。黒人同士の社会に潜んでいる問題。それによって見えてくる「自分」という姿。しかも、それらを堅苦しい説教映画じゃなくって、リズムのある面白いコメディ映画として撮っているのも素晴らしい。真実があるからこそ笑ってしまい、さらに考えさせれてしまうのだ。そして逆にボビーの妄想のシーンで、夢と現実のボビーの姿がより観客には分かり易い設定となっている。
そして最後のシーンが痛快。その夢と現実がミックスされたボビーの姿。上手くまとまっている。

ここで全てが始まった。この映画の後に、ここから羽ばたいたスターが沢山居る。その現実が何よりの証拠。

(Unknown:ビデオにて鑑賞, 2/27/08:DVDにて鑑賞)