SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Untold Story of Emmett Louis Till / 日本未公開 (2005)

Cast >>
Director >> Keith Beauchamp
Writer >>
Producer >> Keith Beauchamp, Yolande Geralds ....

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

人の心を動かすもの
1955年にミシシッピーで起きたエメット・ティル少年誘拐殺人。彼は、白人の女性店員に口笛を吹いたという噂で、残虐な死を遂げた。この事件の全貌が、当時実際に関わった人々の証言で50年の時を経て少しずつ明らかになる...

この事件当時のエメット・ティル少年の母の勇気で、多くの人の心を動かした。無残な姿となったわが息子を目の前にして「他の人にもこの姿を見て、何かを考えて欲しい」という判断力と勇気。それでも事件の結末は変わらなかった。時代がまだそれを許してはくれなかったという悲劇。事件から約50年経った今、エメット・ティル少年の母親は更に事件について語る。大人になる事のなかった少年の赤ちゃんの頃の写真と共に... それだけで胸にこみ上げてくる何かがある。口笛を吹いたとされるお店に一緒にいた従兄弟。未だに心癒されることなく、「エメットがまだ戻ってくる気がしてならない」と口重く語る。そして、事件を知るものは、50年経った今でも顔を出して語る事を拒む者まで居る。この50年というのは、彼らの家族にとって、どんなものだったのか、計り知れない物を目の当たりにする。
50年後にも生々しく語られるその事件。この映画のお陰で、またこの事件の捜査が開始される事になったそうだ。50年前の大きな勇気は、私達の心を大きく動かす原動力になる。そして大きな勇気を与えられたようだ。

(12/16/06:DVDにて観賞)