SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Breakin' vs. Krumpin' / 日本未公開 (2005)

Cast >> Todd Bridges (Host), Adolfo Quinones (Host), Lil C, Tight Eyes, Big Mijo, Phoolish, Crumbs, Slayer, Steelo, Fire, Reuer ...
Director >> Kokie Nassim
Producer >> Shiri Nassim

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

Higher and Higher
1970年代に一躍広まったブレイクダンス(Breakin')。そして今、映画「Rize」以降急速に広がりつつあるクランプ(Krumpin')。その新しいダンスである「クランプ」を見て感動した俳優トッド・ブリッジスが、ブレイクダンスの歴史でレジェンドである「The Lockers」に在籍し、映画「ブレイクダンス/Breakin'」の主役の1人シャバドゥ事、アドルフォ・キノーネスにダンス対決を挑むドキュメンタリー。

ドキュメンタリーは、トッド・ブリッジスがアドルフォ・キノーネスに話を持ちかける所から始まり、対決終了までの5日間をカメラで追っている。その中の映像には、「Rize」同様にクランプダンサー達の前向きな姿や、あの伝説のダンサーであるシャバドゥの苦悩が見え隠れする。クランプはまだまだ新しいので、まだ小さなコミュニティだ。なので対決でベストダンサーを集めると言っても、オリジナルダンサーであるLil Cの一声でみんなが集まる。所が、ブレイクダンスはそうは簡単にいかない。すでに30年以上の時を経て世界に広まったブレイクダンス。そのレジェンドであるシャバドゥがダンサーを集めようと、オーディションした所で、ハングリーなB-Boys達が一向に集まらないのだ。仕方なく映画等の一線で活躍しているCrumbsに相談しに行って彼の協力を得る。所が、こういう過程がかえってシャバドゥを熱くしているのが分かる。対決を見ているシャバドゥの目がドンドンと熱くなっていく。しかし、クランプダンサー達がルールに忠実なのに対して、自分の味方であるB-Boys達がルールを無視し始める。その状況と、結論を出さないといけないシャバドゥが、また苦悩に満ちていく。恐ろしい位、生々しい。
クランプダンサーの前向きで強かな姿に、また胸が熱くなる。勝負師達にとっては、絶対に納得いかない結果であった筈なのに、彼らクランプダンサー達は、その結果さえも素直に真っ直ぐ受け取る。彼らは「Rize」の時よりも、さらに高く高く上へ上がっていっているのが分かる。B-Boy達は幾つもの対決を経験しているせいか、率直に受け取り怒りを顕わにする。
確かに見ていて面白いのは、時代と共に洗練され熟練されたブレイクダンスだが、見て何かを感じ熱くなるのがクランプだと感じた。

(11/07/06:DVDにて観賞)