SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ゴールデン・グローブ賞決まる

第63回ゴールデン・グローブ賞が、キング牧師の祝日に発表された。

結果は以下↓に
http://www.hfpa.org/news/id/26

えっと、撮りっ放しで、まだ見てないので後で。今から見ます。

見ました。
S・エパサ・メッカーソンおめでとう!ジェシー・L・マーティンとは、仲がよろしいようで。
ジーナ・デイビスが映ったすぐ後にいた、マイケル・イーリーが男前でした。彼が主演の「Sleeper Cell」は残念でしたね。
残念といえば、その男前の彼女ハリ・ベリー。受賞したS・エパサ・メッカーソンの「LACKAWANNA BLUES」をプロデュースしたのが、彼女です。その彼女がライバルになるなんて。
「Everybody Hates Chris」のクリス・ロックと、「Hustle & Flow」のテレンス・ハワードも残念。テレンス・ハワードは、オスカーのノミネートまでは行く予感。
サザーランド家も残念でしたね。親子共にノミネートだけで終わってしまいました。親子ともども受賞して、スピーチが聞きたかった。
80年代のアイドルマニアの私には、「スタンド・バイ・ミー」で悪役だった、キーファーのノミネートはビックリなんですが、その「スタンド・バイ・ミー」で一躍人気者になったリバー・フェニックスの弟のホアキン・フェニックスの受賞はさらにビックリです。当時は、リーフ・フェニックスでしたからね。「スペース・キャンプ」っていう映画では、可愛かったです。いつの間にか名前を変えて大人になってましたね。同じカテゴリーで、ジョニー・デップと争ったのは、考え深かったです。ジョニーの気持はどうだったのでしょうか?ホアキンは、乗り越えてさらに大人になったと思います。
さらにびっくりしたのが、パトリック・デンプシー。実力派というよりは、アイドル路線一直線だったのに!!
自分の年と、俳優たちの年を感じた賞でした...