SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Paid In Full / 日本未公開 (2002)

Cast >> Wood Harris (Ace), Mekhi Phifer (Mitch), Kevin Carroll (Calvin), Esai Morales (Lulu), Chi McBride (Pip), Cam'ron (Rico) ....

Director >> Charles Stone III

Writer >> Azie Faison Jr., Austin Phillips ....

Producer >> Damon Dash, Jay-Z, Brett Ratner ....

総合ポイント >> 3.5/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 4


Thinkin of a master plan...

エリックB&ラキムのラップの名曲「Paid In Full」のタイトルをそのまま取った映画タイトルであり、その曲のライムを大筋取って映画にしたようだ。
1980年代のハーレムで、ドライクリーニング店の店員のエース(ウッド・ハリス)は、ミッチ(Mekhi Phifer)と仲が良かった。ミッチはドラッグディーラーをしていたが、ストリートで誰もから信頼されていた。ミッチの派手な生活ぶりと、その人気を見て、エースも次第にストリートに近づいていくが...

アメリカのストリートがどんな感じか全く知りません。その手の映画は沢山見てきたけれど、所詮映画なので、どれが本物だなんて無責任な事言えません。ただ言えるのは、90年代に沢山作られた映画に比べると、ストーリーが甘い。これでもか!といった、ストリートの冷酷さはない。けれど、真面目だった主人公が変わっていく姿が、なんとも悲しげ。やっぱり、そうなっちゃうのか...という落胆。
チャールズ・ストーン・3世が監督なので、物語の新しさはある。けれど、それもそこまでで、全体を見ると、やっぱり物語が弱い。

せっかくカッコいい、しかもラップの中でも名曲と言われる「Paid In Full」を使ったのなら、もっとラキムのラップ並にカッコいいマスタープランな物語であって欲しかった。

(7/29/05:TV放映にて観賞)