SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

チャーリー・マーフィ

史上最恐にして最も愛されたブラックムービー界のいじめっ子、そしてエディ・マーフィの実兄チャーリー・マーフィが4月12日ニューヨークの病院で他界した。享年57歳。白血病を患っており、化学療法中だった。

ツイッターでも何度も話題にしているし、彼の映画を見る度に書いているけれど、チャーリー・マーフィ好きだった。先に書いたようにブラックムービー界の愛されたいじめっ子。日本一のいじめっ子ジャイアンに似て、根底には仲良くなりたいという愛があった。
アメリカでも若い子には『Chappelle's Show / シャペル’ズ・ショー (2003-2006)』のチャーリー・マーフィだと思うのですが、私的にはやっぱり『CB4 / CB4 (1993)』のガスト!名前を勝手にクリス・ロックに使われて追いかけ回す男。この映画で見たチャーリー・マーフィは衝撃的だった!あのエディ・マーフィと同じ顔ながら怖い&恐ろしい&近づきたくない!それでいて、ちょっとダメな所もあってそれがお茶目で、すぐに好きになった。

IMDBにもまだ載っていないが、チャーリーは実はエディよりもデビューが早い。なんと『The Landlord / 真夜中の青春 (1970)』というハル・アシュビー監督作にチョイ役で出ている!主人公の車のタイヤを盗む少年役。証拠写真。茶色シャツの方。これじゃ分からないよ!って感じかもですが本人やエディが語っているので実話。

という事で、そんな事を語っていたのがついこの前。TV OneというBETほど大きくない黒人向けのTVチャンネルに「Unsung」という有名人のバイオグラフィー番組があって、そのハリウッド版「Unsung Hollywood」でチャーリーが取り上げられていたのだ。普段なら恐らくというか絶対にエディ・マーフィが出ないであろうチャンネルだ。その番組でエディはチャーリーとの思い出をたっぷり語っている。自分たちの父親や伯父さん連中がみんなコメディアンだった事、エディとチャーリーとで母に禁止されていたのにも関わらずリチャード・プライヤーやレッド・フォックスやルディ・レイ・ムーアのコメディアルバムをこっそり聞いていた事など。アメリカ海軍に所属していた頃、エディが売れ始めた。そしてエディの専属ボディガードとなる。しかし、エディの悪口を言ったり、笑わない人は、容赦なくぶん殴っていた為、その仕事は続かなかった。っていうエピソードも好き。エディの事好き過ぎる!

チャーリーはすぐにコメディアンになった訳じゃなかった。そのエディのボディガードをやって向いてない事を知り、次に挑戦したのが脚本家だった。その頃にちゃんと脚本の勉強をしに行っている。脚本家としていきなり150000ドルで脚本が売れた。しかしそれは映画化される事はなかった。チャーリーが脚本家としてデビューするのは、1995年の『Vampire in Brooklyn / ヴァンパイア・イン・ブルックリン (1995)』。エディが主演でウェス・クレイブン監督。脚本家としては、他にもあのジェイZのロッカフェラ映画『Paper Soldiers / ペーパー・ソルジャーズ (2002)』や、やはりエディ主演の『Norbit / マッド・ファット・ワイフ (2007)』がある。

でもやっぱり近年の『シャペル’ズ・ショー』は語らずにはいられない。チャーリーが休憩中などにデイブ・シャペルやプロデューサーに語っていた話をそのままコントにした「Charlie Murphy's True Hollywood Stories」だろう。ただただチャーリーが語り、チャーリーとデイブが映像化した80年代のハリウッド有名人。リック・ジェームスとプリンスの話は今や伝説となっていて、当時の写真が見つかってまた更に伝説化していっている。プリンスは生前中にその伝説をセルフパロディして、シングルのジャケットに使った程だ。このショーをきっかけにスタンダップコメディを始め、『Charlie Murphy: I Will Not Apologize / 日本未公開 (2010)』というスペシャルを録画している。

チャーリー・マーフィは愛されていた。今回の訃報で一番最初にコメント出したのが『CB4』でチャーリーにイジメられていたクリス・ロック。その『CB4』のキャラクターのガストの写真と共に「たった今我々は面白くてリアルだったブラザーを失った。安らかに」と追悼した。

アイス・キューブは初監督作品『The Players Club / ザ・プレイヤーズ (1998)』に出演してくれた事を感謝し「畜生、チャーリー・マーフィが亡くなったと聞き残念だ。『ザ・プレイヤーズ』では若い監督に賭けてくれた。いつも笑わせてくれた。安らかに」と書いている。

Mo' Better Blues / モ’・ベター・ブルース (1990)』や『Jungle Fever / ジャングル・フィーバー (1991)』でも小さい役で出ていたので、スパイク・リー監督も『ジャングル・フィーバー』の時のチャーリーの写真で追悼。

エディ・マーフィの親友としても知られているアーセニオ・ホールはシンプルに追悼しながらも、自分のツイッターのアイコンも追悼写真に変えている。(ここでは?表記になっていますが、実際のツイートではマイクの絵文字)

他にも『ジャングル・フィーバー』で共演したサミュエル・L・ジャクソン、チャーリーがスタンダップをやるきっかけとなった同僚のドネル・ロウリングス、パム・グリア、ディック・グレゴリー、マーロン・ウェイアンズデーモン・ウェイアンズ・ジュニア、アイスT、チャックD、チャーリーが声を担当していた『ブーンドックス』のカール・ジョーンズ、一緒にツアーを回っていたセドリック・ジ・エンターテイナーとエディ・グリフィンとDL・ヒューグリーとジョージ・ロペス等がSNSで追悼。そして元ネイビーなので防衛庁まで追悼ツイートしている。

ツイッターなどしていないエディ・マーフィ(オフィシャルはあったが本人が書いていない)は、ヴァラエティ誌を通じてコメントを発表

我々は我々の息子、兄弟、父、伯父、そして友人のチャーリーを失いとても辛い。チャーリーは我々の愛と笑いに包まれ、そして彼の事を悲しまない日はない。皆さんのお悔みや御祈りに感謝いたします。このように我々にとってとても辛い時期ですので、プライバシー保護を理解頂きたいと思います。

と語り、チャーリーとの思い出なども語っている。

私の一番得意な物まねがチャーリーなんだ。もう2歳か3歳からの頃からやっているからね。一番最初に物まねしたのがチャーリーだ。チャーリーが有名になる事を心から望んでいたよ。そしたらチャーリーの物まねが披露できるからね。

チャーリーは妻を病気で失い、2009年からシングルファーザー。DL・ヒューグリーも書いていたけれど、仕事が終わると速攻で帰宅したという。そんなみんなが知らないチャーリーの一面もあった。

チャーリー・マーフィはブラックムービーの中で暴れまくりイジメまくっていたのにこんなにも愛された。偉大なる弟の栄光の影に押しつぶされそうになっても、自らの手でそれを跳ね除けてみせた。チャーリーはエディの兄であって、我々の兄ではないのに、親しみと羨望も兼ねてブラザーとみんなが呼んだ。安らかに。

Charlie Murphy | Writer, Actor, Comedian, TV & Radio Personality
Charlie Murphy (チャーリー・マーフィ)
Watch Unsung Hollywood: Charlie Murphy