SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)

Cast >> Emayatzy E. Corinealdi (Ruby), David Oyelowo (Brian), Omari Hardwick (Derek), Dondre Whitfield (Littleton), Lorraine Toussaint (Ruth) ...
Director >> Ava DuVernay
Writer >> Ava DuVernay
Producer >> Ava DuVernay, Howard Barish
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Five years with good time."
ルビー(エマヤツィ・コリネアルディ)は、夫であるデレク(オマリ・ハードウィック)と刑務所内の面会で話をしていた。ルビーは医学生だったが、デレクが逮捕された事で医者の道を諦め、今は看護婦をして裁判費用やデレクの別の女性との子供の養育費を賄っていた。結婚して5年いい時期も沢山あった。しかし、デレクは禁固刑8年を言い渡されおり、今は4年目。毎週の面会も欠かさず来ていて、早期の仮釈放のヒアリングも許された。そんな時にルビーは毎日のように乗っているバスの運転手ブライアン(デビット・オイェロウォ)に話しかけられた。ルビーは「指輪が見えないの?」とつき返したが、デレクの仮釈放ヒアリングで信じられない事を聞いてしまい...

私が今一番注目・期待している女性監督のエヴァ・デュヴァルネイのインディペンデンス作品。インディペンデンスの最高峰サンダンス映画祭にてドラマ部門の監督賞を受賞!そんなデュヴァルネイがLAで肌に感じた体験談を元に書き上げた作品。愛する人が刑務所に行くことになったら?LAのサウスセントラルで生活する女性達には身近な話なのだ。主人公のルビーは無償の愛でデレクを支えようとする。自分のせいとまで思っている。しかしデレクは尋常なない場所ゆえに、妻ルビーが思っているような状況では無かったのだ。それでもルビーは尽くそうとする。良かった5年間の思い出にすがるのだ。しかしそれはブライアンという男性が出てくる事で崩れ始めるのだった。誰がルビーを責めることが出来るのか?しかし人々はルビーを責めるのがリアリティなのだ。

キスシーンは、私が今までで見た映画のどのキスシーンよりも美しくロマンチックであった。女性達の感情と思いがむき出しになっている新しい形の美しいシンデレラストーリー。

(8/2/14:TV放映にて鑑賞)