SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Think Like a Man Too / 日本未公開 (2014)

Cast >> Kevin Hart (Cedric), Terrence J (Michael), Regina Hall (Candace), Jerry Ferrara (Jeremy), Gabrielle Union (Kristen), Michael Ealy (Dominic), Taraji P. Henson (Lauren), Romany Malco (Zeke), Meagan Good (Maya) ...
Director >> Tim Story
Writer >> David A. Newman, Keith Merryman, Steve Harvey (Book)
Producer >> Will Packer
Genre >> Romance
Country >> USA

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 4 音楽 >> 5

"blow on some other guys dice"
めでたくカップルになったドミニク(マイケル・イーリー)とローレン(タラジ・P・ヘンソン)、ジーク(ローメニー・マルコ)とマイア(ミーガン・グッド)、そしてマイケル(テレンス・J)とキャンダス(レジーナ・ホール)。今回はマイケルとキャンダスが結婚する事になった!マイケルはドミニクにベストマンを頼んだつもりだったが、ドミニクの目の前に居たセドリック(ケビン・ハート)が自分に頼んだと勘違いしてしまい、セドリックは張り切ってラスベガスの一流ホテルの別館スイートを予約した。その時点で嫌な予感しかしなかったが、一世一代の独身最後のパーティが始まったのだった...

最近とにかくヒットを量産しているコメディアンのケビン・ハートとプロデューサーのウィル・パッカーのコンビによる最新作。ウィル・パッカーの名前が一般にも知られるようになったのは、この作品の前作『Think Like a Man』から。2年後にオリジナルキャストが勢ぞろい!しかも今回は派手にラスベガスで大暴れ。と、なると大体予測はついてしまう。元々主な出演者は9人と多かったが、今回は更に増えた群像劇。となると、ちょっと物語が散漫してしまっているし、それぞれに深みが出ないのが残念な点ではある。今回は更にケビン・ハートを大々的に使っていて、彼の出番が非常に多いので、その分の笑いは増えた。小さいケビン・ハートの身長ネタから、そんなケビンのトム・クルーズのオマージュとか、女性陣によるベル・ビヴ・デヴォーの「ポイズン」も楽しかった。しかもカメオが豪華になり、人数も増えている!

スケールは大幅にアップ!ケビン・ハートの身長は伸びないけれど、スターとしての大きさはアップ!ただ他の共演者ももっと深く見たかったかな?

(6/27/14:劇場にて鑑賞)