SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Things Never Said / 日本未公開 (2013)

Cast >> Omari Hardwick (Curtis Jackson), Shanola Hampton (Kalindra Stepney), Elimu Nelson (Ronnie), Tamala Jones (Daphne), Michael Beach (Will Jackson), Dorian Missick (Steve) ...
Director >> Charles Murray
Writer >> Charles Murray
Producer >> Brian 'Skinny B.' Lewis
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

We meet ev'ry day at the same cafe
カリンドラ(シャノラ・ハンプトン)は、高校時代から付き合っているバスケットボールの花形選手ロニー(イリム・ネルソン)と結婚していた。しかしロニーは怪我でバスケットが出来なくなり、今はガソリンスタンドで働いていており、カリンドラとの仲も良好とは言えなかった。特にある事が起きてから、ずっとそんな感じが続いていた。晴れないカリンドラの心を晴らすのは、最近ハマっているポエトリー。彼女は、地元のポエトリー・カフェの舞台に立っていたが、憧れはNYのニュヨリカンで、一度出ないか?と誘われていたが、ロニーがそれを許さなかった。そんな時、カーティス(オマリ・ハードウィック)と出会う。カーティスはカリンドラのポエトリーを引用し、口説き始めた。最初は全く相手にしなかったカリンドラだが、次第にカーティスに心を開いていき...

アンダーグランドなポエトリーの世界を描いた新人監督によるインディペンデンス映画。90年代の「Love Jones / ラブ・ジョーンズ (1997)」以降、ポエトリーが注目を集めた。ラップ・レーベルの創始者ラッセル・シモンズがHBOで「デフ・ポエトリー」も放映していたが、それを得てやっと映画に戻ってきた。この映画も「ラブ・ジョーンズ」同様に詩的なロマンチックさと、そしてセクシーさが光る。詩が映画をセクシーにさせるようだ。実際には不倫映画なのですけど... 詩のロマンチックさは、それをも忘れさせてしまう程。

主役の2人の雰囲気が抜群。なんていうか、このセクシーさはあの不倫の名曲「Me and Mrs. Jones」を彷彿させるのだった。

(Reviewed >> 4/10/14:DVDにて鑑賞)