SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Gangster Squad / L.A. ギャング ストーリー (2013)

Cast >> Josh Brolin (John O'Mara), Emma Stone (Grace Faraday), Ryan Gosling (Sgt. Jerry Wooters), Sean Penn (Mickey Cohen), Giovanni Ribisi (Conway Keeler), Michael Pena (Navidad Ramirez), Anthony Mackie (Coleman Harris), Robert Patrick (Max Kennard), Nick Nolte (Bill Parker) ...
Director >> Ruben Fleischer
Writer >> Will Beall, Paul Lieberman (book)
Producer >> Dan Lin, Kevin McCormick, Michael Tadross
Genre >> Crime

総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

"The War is Over"
第2次世界大戦もようやく終結して、アメリカも通常生活に戻りつつあった1949年。シカゴから渡ってきたユダヤ人のギャングであるミッキー・コーエン(ショーン・ペン)が、残虐な行為や官僚や判事等への賄賂で、ロサンジェルスの町を制圧しつつあった。そこでビル・パーカー市警長(ニック・ノルティ)は、戦争から戻ってきたばかりのオマラ(ジョシュ・ブローリン)を呼び、コーエン撲滅を目指した特殊部隊を作る事を命じた。オマラは、同じく戦争から帰ってきたウーターズ(ライアン・ゴズリング)、黒人街用心棒として知られるハリス(アンソニー・マッキー)、元陸軍情報部で盗聴の名人だったキーラー(ジョヴァンニ・リビシ)、早撃ちとして知られるケナード(ロバート・パトリック)、そしてケナードを慕っているラミレス(マイケル・ペーニャ)を引き連れて、警察バッチを捨て「ギャングスター・スクワッド」を名乗り、コーエンと全面戦争を始めるのだった!

実話を元に制作されたクライム作品。実在するのは、ミッキー・コーエンとパーカー市警長。残念ながらこの映画の主役「ギャングスター・スクワッド」の面々は架空。そういう特殊部隊があったのは本当。でも映画で描かれたような黒人やヒスパニック系の刑事がスクワッドには居なかった。事実と架空を織り交ぜて、面白く興味深い物語を作り上げた。しかし、実在するコーエンの悪事を目立たせたかったのか、それともスクワッドの正義を目立たせたかったのかが、イマイチ掴めなかった。オマラの情熱は伝わるが、他の描写がイマイチ薄い。いい役者が揃った割には、その才能を生かしきれていない感は高い。様々な描写もお粗末。

何をどうしたかったのか、イマイチ掴みきれない。ギャングスターらしい暗黒な世界と、それに戦った人々のカッコイイ世界が、殆ど伝わってこなかったのが残念だ。もうちょっと面白く出来た筈だと、役者の名前を見ていると感じてしまう。

(7/20/13:DVDにて鑑賞)