SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Gun Hill Road / 日本未公開 (2011)

Cast >> Esai Morales (Enrique), Judy Reyes (Angela), Harmony Santana (Michael / Vanessa) ...
Director >> Rashaad Ernesto Green
Writer >> Rashaad Ernesto Green
Producer >> Michelle-Anne M. Small
Genre >> Drama

総合ポイント4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 4

"You didn't raise me!!"
エンリケ(イーサイ・モラレス)は、3年の刑を経て、家族が待つ”ガン・ヒル・ロード”沿いにある家に向かった。しかしその途中で仲間に呼び止められた。家に戻ると、家族が用意していたケーキは既に食べた後で、妻のアンジェラ(ジュディ・レイエス)も少しイラついており、大きく成長した息子マイケル(ハーモニー・サンタナ)はそそくさと友人と家を後にした。エンリケの居ないたった3年間で、彼等の家族は変わり、エンリケはなんとか居場所をみつけようとするが...

俳優もやっているラシャード・アーネスト・グリーンが、有名なニューヨーク大学の映画学科の卒業論文として制作した長編作品。サンダンス映画祭にて公開された。最近のニューヨークが舞台の作品は、アフリカ移民のお話が多かったが、これはヒスパニック家族の物語。お父さんのエンリケを演じたイーサイ・モラレスはプエルトリコ系、お母さんのアンジェラを演じたジュディ・レイエスはアフロ・ドミニカン系。その間に生まれたマイケルは、思春期を向かえ、性に目覚めたけれど、トランスジェンダーとしての自分と見つめ合っていく。そんなまだ16歳なのに、性マジョリティとして戦っていく。お母さんと2人で住んでいた時には、お母さんはすんなりと受け止めてくれたけれど、お父さんが帰って来た時に、お父さんは真っ向から反対する。ただでさえ、突然帰ってきたお父さんは居場所がなく、息子もどう接していいか分からない。そしてヒスパニックはカトリック教が多く、父も敬虔なカトリック教なのは画面から伝わるので、益々息子には理解出来ない。不安定な親子関係が絶妙に描かれている。そして家族を演じた3人の演技もお見事。

決してハッピーエンドではないけれど、やっと家族がまた一つになったんじゃないかと思えた。少なくとも父親が居なかった3年間の溝と理解していなかった部分は埋まったという希望が見えるラストが感動的。

(3/9/13:DVDにて鑑賞)