SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Scalphunters / インディアン狩り (1968)

Cast >> Burt Lancaster (Joe Bass), Shelley Winters (Kate), Telly Savalas (Jim Howie), Ossie Davis (Joseph Lee) ...
Director >> Sydney Pollack
Writer >> William W. Norton
Producer >> Arthur Gardner, Arnold Laven, Jules V. Levy, Roland Kibbee, Burt Lancaster
Genre >> Western
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Julius Ceaser fight with his brain
ジョー・バス(バート・ランカスター)はわな猟師で、毛皮を売って生活していた。しかし帰る途中で、カイオワ族に出くわし、毛皮を無理矢理取られ、その代わりに黒人の奴隷ジョセフ(オシー・デイビス)をやると、強引な取引をさせられた。毛皮を諦められないジョーは、ジョセフを連れて、カイオワ族を追う。川で休息していたカイオワ族を、夜になったら襲おうと思っていたジョーだったが、その前に「スカルプハンター(頭皮狩人)」にカイオワ族は襲われ、ジョーの毛皮もスカルプハンターが持って行ってしまった。しかもジョセフもスカルプハンターに取られたジョーは一人で反撃するが...

社会派シドニー・ポラックの西部劇。名優オシー・デイビスが、面白い役を演じている。面白いとは、笑えるコミカルな役という意味でもあるが、興味深いという意味でもある。最初、ジョーにはジョセフは逃亡奴隷という事を騙そうと、カイオワ族とは別のネイティブアメリカンコマンチェを名乗る。しかもジョセフは、本を沢山読み知識も豊富で、しかもスポンジのように新しい知識を吸い取るのも上手い。片やジョーは腕っぷしも強く、西部の大自然での生活に長けているが、本からの知識は皆無。字も読めない。その2人のやり取りが非常に面白かった。ジョーは「黒人は奴隷になる事は自然な事さ。聖書がそう書いているからね」と言えば、ジョセフは怒りを抑え「知ってるかい?ジュリアス・シーザーはイタリア人だけど、イギリス人を奴隷にして使ってたんだぜ」とやりかえす。しかしジョセフは勉強は出来るけれど、喧嘩は出来ないタイプ。それを知っているジョーが「ジュリアス・シーザーよ、殴るんだ!」と影で応援するシーンも良い。そしてそんな2人が喧嘩をする事になると、長い。面白過ぎる位に長いのである。そしてもう少しこの映画を魅力的にしているのが、テリー・サバラスの悪役ぶりとシェリー・ウィンタースのキャラクターの強さだ。

悪に打ち勝つのは腕だけでもなければ本だけでもない。長い喧嘩の後の2人は顔も含めて全身が泥だらけであり、彼らがどの人種であるかというのは無意味であった。その絶妙なバランスが面白い西部劇であった。

(1/27/13:DVDにて鑑賞)