SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Rejoice and Shout / 日本未公開 (2010)

Cast >> Mavis Staples, Joe Lauro, Willa Ward, Steven Wacks, Darrel Petties, Andrae Crouch, Don McGlynn, Smokey Robinson, Ira Tucker, Marie Knight
Director >> Don McGlynn
Producer >> Joe Lauro, Mark Cuban
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

History speaks
現存する一番古いゴスペルの録音レコードは1902年のDinwiddie Colored Quartetが録音したレコードだ。そのゴスペルの歴史を振り返っていく。

ゴスペルはアメリカの黒人の間では一大エンタテイメント産業である。ヒップホップに出てくるようなケバイ女性だって、意外とゴスペルを聞いている場合が多いのに、私は驚いた事がある。グラミー賞やMTVの賞では見られないが、黒人専門チャンネルBETのアワードでは、かならずゴスペルのパフォーマンスがあり、しかも盛り上がるのである。そのゴスペルの歴史と黒人の歴史には大きな関係がある。チェーンに繋がれたまま不衛生な船に乗せられて連れてこられたアメリカの大地で、宗教を禁止させられ、彼らは綿を摘みながら歌っていた歌がゴスペルになった。1902年に初めて録音された音源がそうだったように、当初はカルテットが主流だった。そして30j年代に入り、トーマス・A・ドーシーはゴスペル音楽の楽譜を売り歩く。その時に使った若い歌手の一人が「ゴスペルの女王」マヘリア・ジャクソンだった。そのゴスペル音楽が、今やエンタテイメントの一角を担っているまでが、簡略に描かれている。

時代と共に変わっていくゴスペルの姿。今もまた形を変え、どんどんと変化していっている。何が黒人の心を捉えたのか?その何かが見えてくる気がした。

(7/15/12:DVDにて鑑賞)