SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Benji / 日本未公開 (2012) 1047本目

何度も言うけど、この手のに弱い。才能あるのに報われなかったパターンね。同じ「30 for 30」シリーズの「"30 for 30" Without Bias / 日本未公開 (2010)」でも、それは書いている。なので作られるって聞いた時から観たかった。その時にこの映画の題材となるベン・”ベンジー”・ウィルソンについては調べてみたので、大体の事は頭に入ってた。でも一緒に観ていた夫はベンジーの事を全く知らなかったらしい。しかしシカゴのサウスサイドで当時生活していた人には大の有名人。彼はバスケットの名門校シミノア高校のスター選手。それでも入学当時はまだ背も低くて目立たなかったらしい。突然30センチも伸びたらしい。彼がまだ高校に入る前に入っていたバスケットのチームメイトが、なんとあのRケリー!Rケリーはこのドキュメンタリーでは「チームメイト」として、ベンジーを語っている。そしてなんとコモンも「隣人」として、ベンジーを語っていた。年下のコモンにとって、ベンジーは憧れだったらしい。分かるわーって思いました。ベンジーはすごく美形でもある。コモンに言わせれば、物凄くカリスマ性もあったとの事。光り輝いてたんですね。そして友人でチームメイトだったのが、NBAオーランド・マジックでも活躍したニック・アンダーソン。アンダーソンは未だに号泣。そんなアンダーソンは大学からオーランド時代はずっと「25」番。これはベンジーが高校時代につけていた番号をずっと引き継いだ。ジュワン・ハワードも大学時代は「25」番。シカゴ出身のハワードは高校は別の高校へ進んだが、同じシカゴ出身のベンジーへの憧れだった。そして、同じシカゴのサウスサイド出身でスーパースターの道を進んでいるデレク・ローズは、同じシミノア高に通い、彼もベンジーを偲んで「25」番をつけた。

ちなみにこのドキュメンタリーではベンジーが殺される10週間に前に生まれた息子がいる事が明らかになっている。その息子と母はシカゴを離れたが、離れた地でバスケットをやっていてなんと彼も「25」番をつけていたという。

このドキュメンタリーでは亡くなったベンジーだけを追うのではなく、ベンジーを殺したティーンも追っている。実際に銃を取りベンジーを殺した、ビリー・ムーアは既に出所し、当時を語っている。ムーアは改心して、今は活躍しているようだが、もう一人の犯人オマー・ディクソンはまた犯罪を繰り返して牢獄の中。しかもこのオマー・ディクソンは有名なブルースミュージシャンのウィリー・ディクソンの孫というからびっくり。

R・ケリーベンジーの葬儀の時を振り返り、アカペラで「It's so hard to say goodbye to yesterday」を歌うんです(正式にカバーしてCD化して欲しいと思った位に、やっぱり上手かった)。それで思い出しました。私の大好きな「Cooley High / 日本未公開 (1975)」なのですよ!!ベンジーがコーチーズで、ニック・アンダーソンがプリーチなんですよ!舞台もシカゴで同じ。葬儀ではみんなこの曲をどこからともなく歌ったそう。だから、私、泣いちゃうんだー!!この手のに弱いんだわ。うちの夫の故郷でもやっぱりこのような事があって、有望な選手がプロに行くことなく終わったそう。あの名作映画と同じようになってしまったり、この手の話は黒人社会にはよくある事なのかもしれません… あー、切ない!

感想やオフィシャルサイトはこちら

(5点満点:10/23/12:TV放映にて鑑賞)