SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Thousand Words / ジャックはしゃべれま1,000(せん) (2012)

Cast >> Eddie Murphy (Jack McCall), Kerry Washington (Caroline McCall), Clark Duke (Aaron Wiseberger), Ruby Dee (Annie McCall), Allison Janney (Samantha Davis), John Witherspoon (Blind Man) ...
Director >> Brian Robbins
Writer >> Steve Koren
Producer >> Nicolas Cage, Alain Chabat, Stephanie Danan, Norman Golightly, Brian Robbins, Sharla Sumpter
Genre >> Comedy
Country >> USA
Release (US) >> 03 / 09 / 2012

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

Our words have a profound effect on the entire universe
ジャック・マッコール(エディ・マーフィ)は本関係の凄腕エージェントで、今は人気のニュー・エイジ・グルのドクター・シンジャ(クリフ・カーティス)に目をつけていた。いつのも口八丁で見事に契約を取るが、そのシンジャの所にあった木で怪我をしてから、なぜかその木がジャックの家に突然やってきて、その木についている葉っぱの数だけ話せ、葉っぱが消えた時点で死んでしまうと言われたが...

口達者なエディ・マーフィが喋れなくなるという、それだけでコメディなコメディ作品。しかしアメリカの映画批評家達からは、散々な批評。確かにエディ・マーフィの最高作!だとは思わないが、これはこれで面白い。要は、エディ・マーフィがタイラー・ペリーみたいな映画を作ってる。「Norbit」よりは面白い。ルビー・ディやケリー・ワシントンが共演なので、エディ・マーフィが割りとドラマチックな役者ぶりを発揮している。ルビー・ディとのシーンはかなり見ごたえがある。しかもタイラー・ペリーみたいにくどくないし、説教臭さもない。

あ、エディ・マーフィもこういう映画を作るようになったんだわ!と私は思った。エディ・マーフィに面白さだけを求めている人たちには、この映画は理解出来ない。

(5/9/12:劇場にて鑑賞)