SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Beats Rhymes & Life: The Travels of a Tribe Called Quest / 日本未公開 (2010)

Cast >> Michael Rapaport, Q-Tip, Phife Dawg, Ali Shaheed Muhammad, Jarobi White, Mos Def, Ludacris, Common, Pharrell Williams, Ghostface Killah, Ahmir-Khalib Thompson, Pete Rock, De La Soul ...
Director >> Michael Rapaport
Writer >> Michael Rapaport
Producer >> Robert Benavides, Eric Matthies, Frank Mele, Nas, Edward Parks, Robert Teitel, ATCQ
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

Can I kick it? To all the people who can Quest like A Tribe does
当時としては珍しくデビュー前から人気のあったア・トライブ・コールド・クエスト。彼らの歴史と、2008年と2010年の再結成ライブを、彼らのファンだという俳優のマイケル・ラパポートが追う。

彼らがセカンドアルバムの「The Low End Theory」を出した頃、私は10代最後を謳歌していた。10代にありがちで私は尖がっていた。周りがB'zだと言っている頃、私はア・トライブ・コールド・クエストのその「The Low End Theory」のアルバムが大好きだった。今までのラップとは全く違ったジャズを貴重とした大人しくてお洒落なカッコ良さ。周りとは違ってATCQを聞く事自体がカッコいいと思って信じていたのだ。そんな私の10代を演出してくれたATCQ。尖がっていた10代には、彼らのマイルストーンもバックグランドも気に留める時間は無かったのです。2歳から友達のQティップとファイフが仲たがいを始める。聞けば聞くほど、グループにありがちな理由である。Qティップがこの映画の中でジェロビの事を「ATCQのスピリットだ」と言っていた。確かにこの映画を見るとそれが良く分かる。ジェロビはファイフが糖尿病になった時にも支えていた。彼が脱退したからこそ、ATCQは分裂してしまった。ATCQを語って涙を見せるのはジェロビだけ。

好きな物が壊れて無くなっていくのは非常に悲しい。私はそれを経験したからこそ、このドキュメンタリーは開けてはいけないパンドラの箱だった。と同時に、彼らと同じだけ大人になった今は、この現実を理解出来る自分もいる。この時で良かったのかもしれない。最後じゃない。まだ時間はある。

(11/5/11:DVDにて鑑賞)