SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Master Harold... and the Boys / 日本未公開 (2010) 947本目

ヴィング・レイムスのおじきが出演している作品。いつもの雄たけびや「おじき」ぽさは無い。おじき、そういえばこういうドラマも出来るんだなっていう俳優根性を見せております。元々は南アフリカの有名な劇作家アソル・フガードの戯曲。アソル・フガードは戯曲だけでなく、「Tsotsi / ツォツィ (2005)」の原作となった小説も書いてます。この戯曲はブロードウェイでも上演されていて、オリジナルではダニー・グローバーがウィリーを演じ、「Vampire in Brooklyn / ヴァンパイア・イン・ブルックリン (1995)」等で知られるゼイクス・モカエがサムを演じた。2003年にもリバイバル上演され、その時にはダニー・グローバーがサムを演じ、マイケル・ボートマンがウィリーを演じている。しかもリバイバルの時にはオリジナルでハリーを演じていた少年が、演出家として参加しているのです。オリジナルでは、ゼイクス・モカエがトニー賞を受賞しています。もちろん、ブロードウェイ以外でも小さな劇場で上演されている劇であります。

舞台は1950年の南アフリカのニュー・ブライトン。白人の移住地区だけど、ウィリーとサムは働きにバスで来ている。そこにあるカフェで働いているのです。カフェは白人の夫婦が切り盛りするが、夫の方は病院で、妻の方がカフェも切り盛りしている。その日は、病院から電話があって、妻の方も病院に出掛けてしまい、ウィリーとサムだけ。ウィリーがボールダンス大会に出席するので、2人はその事で頭が一杯。でもウィリーはパートナーと喧嘩してしまい、困っていた。そして学校から戻ってきたのが、夫婦の1人息子ハリー(ハロルド)だった。ハリーはカフェで宿題をしながら、ウィリーとサムの話に耳を傾ける。サムは次第に人生の厳しさをハリーに語っていくのです。その時の台詞が素晴らしい。「良い日は世界では事故なんて起きてないと夢見る事から始まるのさ。でも実際にはアメリカはロシアにぶち当たり、イングランドはインドに、そして富裕者は低層者にぶち当たっていくのさ」と。さらにサムは「けど、夢無しには我々の進むべき道が分からないんだ」とも語るのです。

途中からは3人の密室劇となりますが、苦に感じませんね。というか、そうなってからが面白くなってくる。タイトルもわざと反意語を使っている風刺。社会的にはハリーが主人。でも実際にはサムがハリーに人生を教えるマスターである。ハリー役の子フレディ・ハイモアが少し若すぎるかな?とも思う。舞台やTV映画ではもうちょっと上だった。もうちょっと上の方が伝わりやすいかも。

そしてもう珍しい物でもなくなりましたが...というか、おじきの十八番でもあるかもしれない... ヴィング・レイムスがお尻出してまーす。これがあるから、おじきがキャスティングされたのかもしれないね。いや、違うっしょ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)