SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Are you in good hands?

この人の側にいると必ず交通事故に遭うという、デニス・ヘイスバートに会ってきた!日本では「24」のデイビッド・パーマー大統領役でお馴染み。アメリカではその「24」とか「オールステイト」という保険会社のCMでお馴染み。

なんで会って来たかというと、USOのツアーで日本に来たのです。USOはアメリカの軍人をサポートする組織。有名人が海外の米軍基地でツアーしたりするのを手伝う。第二次世界大戦時にはフランク・シナトラフレッド・アステア等の有名人からレナ・ホーンや黒人として初のオスカーを獲得したハティ・マクダニエルやユービー・ブレイクも参加していたという。朝鮮戦争では、マリリン・モンローがUSOツアーに参加している。マリリン・モンローが男性軍人がごった返す野外会場で歌っている映像は超有名なので御覧になった方も多いと思う。

実を言うと、デニス・ヘイスバートと元メジャーリーグ選手のランディ・ジョンソンが一緒に来た。ちょっと早めに行ったのが正解だった。しかし最初に並んでいたのが女子が多く、女子はみんなデニス・ヘイスバート狙い。女子はみんなランディ・ジョンソンがよく分かっておらず(私も含めて)、ランディはご機嫌斜め。私も何を話していいのか分からず、ほぼ素通り。後ろに並んでいた女性の旦那さんが野球ファンとかでサインして欲しいグッツを沢山持っていたが、一人一つまでという事で、彼女の持っていた物を代わりにサインして貰った程。写真もランディとデニスの間に入って撮って貰えるのだけど、私は思いっきりデニスを腕を掴んでデニスに寄りっ放し。撮った写真を見ると、かなりランディがムッとしているのが分かる。ごめんなさい。でも私のすぐ後は男性が多くて、男性はみんなランディ目当てだったので、機嫌もなおったと思う。実はその前の週には本のプロモーションで、あのドナルド・ラムズフェルドもサイン会で来ていた。ラムズフェルドには全く興味がないので、もちろん行かなかったけれど、殆ど人が集まらなかったらしい。本要らないもんねー(意地悪)。

で、肝心のデニスは髭に白髪が混じっていたけれど、実物の方がかなり男前(多分みんなが想像している100倍)!デンゼル・ワシントンにそっくりだと言われているけれど、デンゼルよりも物腰が柔らかい印象(実際のデンゼルには会った事ないけど...)。私が緊張してシドロモドロで話している間にも握手しながらニコニコして聞いてくれた。ランディには何も用意してなかったけれど、デニスにはしっかりとサインして貰う物を持っていった。それは...フォレスト・ウィッテカーにもサインして貰った「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」のDVD。さすがにデニスも何で?と思ったようだけど、フォレストのサインに気がついて「これ誰のサイン?」と聞いてきたので、フォレスト・ウィッテカーですよーと言ったら驚いていた。という事で私の「ため息つかせて」のDVDはかなりプレミアなのです。お金じゃ買えないDVDです!並んでいた女子達にも「ため息つかせて」のDVDにしてもらうと言ったら驚いていた。特に黒人女性の人たちは「あー、思い出したわ!!ホイットニーを騙したあの悪い男性よね!!」と口を揃えて言っていた。そうみんな彼がこの映画に出ているの忘れているんですよね。みんな「24」とか「ユニット」とか言ってたし。

何が言いたいかと言うと、デニス・ヘイスバートは「ため息つかせて」や「Queen / クイーン (1993)」とは違ってとーーーーってもいい人だったという事です。近くに居ても交通事故には遭わないようです。そして女子に大モテでした。それにしても本当にアメリカの有名人はみんな気さくで優しい!そういう所もプロフェッショナルで嬉しくなる。会った人で印象悪かったのは、若い時のタイリース位かなー。

http://www.scenewithahart.com/asia/usovisit/(私が行ったイベントではないですが、船に慰問した時の記事)