SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Still Bill / 日本未公開 (2009)

Cast >> Bill Withers, Jim James, Angelique Kidjo, Tavis Smiley, Cornel West ...
Director >> Damani Baker, Alex Vlack
Producer >> Damani Baker, Alex Vlack, Jon Fine
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

Still Bill, and Forever Bill
1971年に「Ain't No Sunshine」を大ヒットさせたビル・ウィザース。それから数々の名曲を生み出し、グラミー賞をも獲得。しかし1985年を最後にアルバムの発表をやめてしまう...

ビル・ウィザースという名前を聞いただけで、数々の名曲が頭を駆け巡る。しかし一番忘れがたいのが、ドキュメンタリー映画「ソウル・パワー」での1コマ。モハメド・アリの世紀の一戦の前に行われたザイールでのコンサートのドキュメンタリー。モハメド・アリジェームス・ブラウンというとっても濃いキャラクター達と食事をするビル。彼らの話を聞きながら黙々と食べる。人々の興奮が嫌でも伝わる中、ビル・ウィザースだけは落ち着いているように見えた。まさに「クール」という言葉が良く似合うシンガーだった。このドキュメンタリーでもなぜに彼が「クール」であるかがよく分かるドキュメンタリーである。まさに地に足がついたミュージシャン。言いたい事は言う。そんなビルが、この映画のボーナス映像で語っていた言葉が忘れられない。「俺達世代は『変革』の世代なんだ」。

そう、ビル・ウィザースは変革の男であった。家族の事を考え、アルバムを発表しなくなっても、彼は地に足がしっかりとついている。音楽を辞めた訳じゃないんだ。彼は音楽業界の何かを変えたのだ。今の彼の素敵な暮らしぶりを見るだけで、その変革が見えてくるのです。

(2/17/11:DVDにて鑑賞)