SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Skyline / 日本未公開 (2010)

Cast >> Eric Balfour (Jarrod), Scottie Thompson (Elaine), David Zayas (Oliver), Donald Faison (Terry), Brittany Daniel (Candice) ...
Director >> Colin Strause, Greg Strause
Writer >> Colin Strause, Greg Strause, Kristian Andresen, Liam O'Donnell
Producer >> Joshua Cordes, Liam O'Donnell
Genre >> Sci-Fi
Country >> USA

総合ポイント >> 2.5/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 3 Direct >> 2 Music >> 3
Don't look up and don't watch this!
ジャロットとエレインは、ジャロットの親友テリー(ドナルド・フェイゾン)のバースデイパーティの為にロサンジェルスにやって来た。パーティが終わり寝静まった早朝に、物凄い明るい光によって朝だと思ったエレインは目覚めた。そして地震のような強い揺れを感じ、人々が起きた。テリーの会社の従業員の男が光に導かれ、巨大な地球外生物に飲み込まれたのだった。彼等は光を遮断して、生き延びようとするが...

低予算で出来たSF映画。しかしこれよりもお金をかけずに出来た映画は幾らでもある。物語もオリジナリティに欠け、台詞は信憑性に欠け、どのキャラクターも魅力に欠け、エイリアンですら創造性に欠けている、近年珍しいくらいの駄作。この映画のどこを取っても面白くない。普通、駄作は駄作なりに、B級はB級なりに可愛げがあるものだが、この映画にはそれが全くと言っていい程ない。唯一この映画を救えそうなのが、オリバーというキャラクター。しかし彼は主役ではないし、この映画に突然現れる男。主役もエイリアンと戦うのかと思えば、そうでもない。最初は「いや実際問題、この映画のように普通の人はエイリアンとは戦わないよねー」とも思った。でもこの主役がどっちつかずであたふたし、更にはエイリアンと人間の間を行ったりきたりで曖昧すぎた。

そして最後である。最悪過ぎる一言。せめて最後位、何か欲しかった。映画館を出て、すぐに悪態をついた。他の観客を見る。みんな同じように悪態をついていた。この映画は一体何なんだ!

(1/7/11:劇場にて鑑賞)