SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tasuma / 炎の戦士タスマ (2004)

Cast >> Serge Henri, Ai Keita, Besani Raoul Khalil, Noufou Ouedraogo, Safiatou Sanou, Sonia Karen Sanou, Stanislas Sore, Mamadou Zerbo
Director >> Kollo Sanou
Genre >> Drama
Country >> Burkina Faso

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

No War
ソゴ・サヌ(ママドゥ・ゼルボ)は妻とともに岩が立ち並ぶ丘の上の村に住んでいた。ある朝、妻とともに朝支度をしていると、静かな村に銃声が鳴り響いた。昔、フランス陸軍に居たサヌは、銃を取って出向いた。しかしただ軍人が練習をしているだけだった。そこで軍人が忘れていった手榴弾を拾った。そしてその日、サヌは離れた町まで軍の恩給を貰いに、自転車で向かった。その途中で会ったカリルから、村の女達が待ち望んでいた製粉機を、契約書を読まずにサインしてクレジットで買ってしまう。しかしサヌの名前は恩給リストの中に無いと言われ...

アフリカ最大の映画祭フェスパコにて上映され3位に輝いた作品。待っているお金が中々手に入らずに主人公が四苦八苦するという点で、アフリカ映画の古典でありアフリカ映画の父オスマン・センベーヌの「マンダビ」に似てるなと思った。でもこの作品はかなりコメディな所もあって、最後のオチといい驚き感がたまらなく面白かった。それでいて、センベーヌ的な社会派でもある。主人公のソゴ・サヌは英雄である。妻から言われた石鹸を買う事は無視するが、村の女達が欲しがる製粉機を買う。しかし妻を心から愛し、一夫多妻制度には反対し、一夫一婦制を信じている。そして厳しい戦地を渡り歩いた退役軍人だからこそ、戦争を反対している。そんな英雄がキレちゃって、「フォーリング・ダウン」のマイケル・ダグラスを彷彿させるのが面白い。

日本の昔話を聞いているようで、若い甥と自転車を二人乗りする姿は、とてもアフリカな牧歌的。情緒があり、風情があり、アフリカ物語がある。

(1/2/11:DVDにて鑑賞)