SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Still Bill / 日本未公開 (2009) 828本目

ビル・ウィザース。「Soul Power / ソウル・パワー (2008)」を観た時に、ジェームス・ブラウンモハメド・アリというもっとも濃い個性の間に挟まれながら、とってもクールで落ち着いた態度に逆に目を引いた。あのカッコよさ、クールさは何なのか?このドキュメンタリーにその答えがあった。

ウェストバージニア州のスラブフォークという小さな炭鉱の町に生まれ育ったビル・ウィザース。13歳の時にその炭鉱で働いていた父を亡くして以来、家計が厳しくなり17歳にてアメリカ海軍に入る。海軍には9年居て、その間に歌を歌う事を始める。クラブとかで歌って、同僚にジョニー・マシス等を聞かせる事もあったそうだ。海軍時代にはグアムにも居たとの事。グアムに行けば、やしの実の数だけ女は居る!と聞かされたが、全く居なかったとの事。海軍を辞めて、ロサンジェルスに移って、そこでは有名な飛行機会社で働くも、時給3ドルだったとの事で、やっぱり女性にはモテず... でも働きながら、いつも曲を考えていたという。しかし会社から解雇。そうこうしている間にビル・ウィザース、33歳。しかし初のシングル「Ain't No Sunshine」が大ヒット。グラミー賞にも輝いている。続くシングル「Grandma's Hands」や「Lean On Me」も大ヒット。「Lean On Me」は、様々な人にカバーもされているし、知っている人も多い。なんていったって、あのモーガン・フリーマンが主演の映画「Lean on Me / ワイルド・チェンジ (1989)」のタイトルになっているし、映画でもビル・ウィザースのオリジナルではないが、カバー曲が効果的に使われている。70年代に頂点を極めて、80年代も順調でグローバー・ワシントンと共にあの名曲「Just the Two of Us」や「Lovely Day」を発表し、グラミー賞を獲得している。そんな中、1985年に突如レコーディングを止めてしまう。家族ともっと時間が欲しいと... なんとも男らしい決断。この辺りがビル・ウィザースのクールネスなのではないかと感じた。しかしこのドキュメンタリーはビル・ウィザースの自宅で撮影しているのだけど、とっても優雅な暮らしをしている。後に妻となるマルシアはビルと出会った時はまだUCLAMBA取得を目指していた学生。家族でビルの音楽の著作権関係の仕事で、ビルの名曲を守っている。今は立派に成長した息子は弁護士になるべく、法律の学校に進み、娘はビルの血を引いたのか音楽家を目指している。

そんなビルも小さい頃から吃音でかなり悩まされ、28歳まで続いたそうだ。いじめられる事も多かったのかもしれない。人と出会った時に、その吃音を馬鹿にするかどうかで人を判断していたようだ。今でも吃音のチャリティなどには積極的に参加する。そして涙する事も多い。このドキュメンタリーではビルが涙する事が多いのです。とっても感受性が豊かだった事が分かる。だからこそあんなに沢山の名曲ばかり残していたのも分かる!

映画ではコーネル・ウェストとかタビス・スマイリーとかと話したりしている。これはDVDのボーナス映像になってしまうのだけど、俳優のBernie Casey (バーニー・ケイシー)Jim Brown (ジム・ブラウン)、そして元NBA選手のビル・ラッセル(チャンピオンリング付)と自宅で語っている映像もある。仲が良いらしい。バーニー・ケイシーは最近は隠居気味なので、その姿が見れて嬉しい。その3人が集まった時にビルが一言「俺達は時代を変えたチェンジ世代を生きてきたからね」。事実変えてきた彼らが言うからかっこいい。


ビル・ウィザースのこのクールネスを見よ!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)