SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Red / RED/レッド (2010) 823本目

モーガン・フリーマン(73歳)も出演している、ベテラン揃いのアクション映画!ベテランというか... 加齢臭が漂ってきそうな初老と言ってもいい位の人々が活躍するアクション映画。多分平均年齢は70歳後半じゃないの??というのも、この前のスクリーン・アクターズ協会の功労賞を取ったばかりのアーネスト・ボーグナインが94歳!でこの映画出演者の平均年齢を上げている。現役。さすがにアクションは見せていないが、昔からいるCIAのファイル係で登場する。94歳で、ああやってちゃんと台詞を覚えたり、何しろカメラの前にちゃんと立てるって凄いよ。それ以外にも、ヘレン・ミレン(65歳)、ジョン・マルコヴィッチ(57歳)、ブライアン・コックス(64歳)、リチャード・ドレイファス(63歳)である。主役であるブルース・ウィリスだってもう55歳。所謂、働き盛りの30代・40代が居ない!でも若きCIAエージェント役でカール・アーバンが出演していて、彼だけ38歳。と、かなり平均年齢は高いように思える。実際に上の8人で計算したら63.6歳。平均年齢63歳によるスーパーアクション映画。これがちゃんとしたアクションを見せてくれているのが面白い。同じグラフィックノベルThe Losers / ルーザーズ (2010)」のおじいちゃん・おばあちゃんバージョンって感じかな。あちらは世界各地に飛んでいたけど、こちらは全米各地に飛んでる。マンガみたいなアクションを頑張ってるんですよ。でも、わざと若ぶって...とかそんな感じではなく、無理してない。燻し銀なカッコ良さで見せてくれてます。演技でカバーしている所は沢山あるけれど、彼らはそうやってカバー出来る演技力の持ち主だからね。凄いんですよ。ジョン・マルコヴィッチは期待通りの変態だし、ヘレン・ミレンも気品漂う元エージェント。私が一番心惹かれたのが、ブライアン・コックス!素敵ー。出てきた瞬間からいい雰囲気が漂ってます。彼だけ元エージェントじゃなくて、ロシアの人。

これだけのビックネームが出てますが、優れた作品ではないです。でも確実に楽しめる作品ですね。完全なる娯楽作品。アメリカはおじいちゃん・おばあちゃん連中もスーパーやね。勝てないわ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)